売れるギターのブランドと国

今日は、

 

売れるギターのブランドと国

 

について、お伝えします。

 

私は、毎日のように色々なところから

ギターの発注がはいり、

販売しているのですが、

発送先の国と売れるブランドには、

面白い関係があります。

 

今日はそのことについてお話しますね。

 

たとえば、高額な$2000USD以上する

ギターが売れるのは、

どの国が多いのでしょうか。

 

高額な商品が売れるのは、

 

米国、欧州が多いです。

 

この中でも米国は、お金持ちが多いのか、

それともギターに関する思い入れが

強いのかわからないですが、

米国からの発注が多いです。

 

ところば、面白いことに、

米国からの発注がほとんどない

ブランドがあります。

 

逆に米国からの発注が

とても多いブランドがあります。

 

米国からの発注が少ないギターは

米国で生産されているギターです。

 

おそらくは、

米国で生産されているギターは、

関税などの問題から

米国のセラーから購入されていると

思われます。

 

ただし、生産が終了したギターだったり、

価値の高いギターは、

同じブランドでも

米国からどんどん注文が入ります。

 

米国にそのギターがなく、

日本にそのギターがある場合には、

注文が入るということです。

 

今度は米国にどんどん売れているギター

ですが、

 

これは、国産のvintageギターが大半です。

 

米国では、国産のvintageギターはとても

人気です。

 

ほぼ、毎日のように売れていますが、

こちらは日本なので、玉数が多く、

 

無在庫販売では、毎日のように

新しいギターが見つかります。

 

多くのセラーの方にお伝えしたいのは、

 

あなたのアカウントで売れる国は

どこが多いのか、よく見て欲しい、

と言うことです。

 

米国によく売れているのであれば、

米国に売れるギターを

出品すべきです。

 

一方で、欧州のカスタマーに

売れているギターもあります。

 

これは、アメリカで生産されている

ギターだったりします。

 

関税の問題から、欧州のカスタマーは

出来るだけ関税が安い、あるいは

安くしてくれる、セラーから

購入したいと考えているようです。

 

関税の問題から、欧州国内で

販売されているギターに興味がなければ、

日本や米国から購入するようですね。

 

また、国産ブランドについては、

オーストラリアやニュージーランド

からの注文も多いですね。

 

今日もオーストラリアのカスタマーから

発注がありました。

 

話がなんだか複雑ですが、まとめると、

 

「ギターは、関税がかからない

国内から出来るだけ購入したいが、

国内市場に気に入ったギターが

無い場合には、

日本から購入することも多い。」

 

と言うことです。

 

国内で入手出来るギターはできるだけ

国内で購入するという

スタンスのようです。

 

そのほうが、安価ですので、

このような選択肢になっていると

考えられます。

 

このことを踏まえて、

日本人セラーが販売すべきギターは

 

国産のvintageギター

 

外国からの輸入ギターは人気モデルか

生産終了品などの特殊なギター

 

であると、売れやすいと考えています。

 

vintageギターには、価格はありません。

 

ですから、

このギターは絶対に売れると

見込んだギターは、

 

なくならないうちに

仕入れた方が良いです。

 

このやり方なら、大きく稼げます。

 

在庫リスクをとって大きく稼ぐことを、

やってみると良いです。

 

無在庫販売だけではなく、

有在庫販売の醍醐味です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください