有在庫販売と無在庫販売のリスク

今日は、

 

無在庫販売と有在庫販売のリスク

 

について、お伝えします。

 

物販は無在庫販売だと

リスクがないと言われています。

 

たしかにそうですが、この販売方法で

本当に大きく稼げるように

なるのでしょうか?

 

この方法だけで、

大きく稼ぐことも可能です。

 

しかし、それには、いくつものハードルが

ありますね。

 

まずは、たくさん出品することです。

 

出品数が少ないと、売れる数が少ないです。

 

もしもあなたが無在庫販売のみを

やられているのであれば、

 

少なくとも100本位は出された方が

よいですね。

 

eBay輸出でリミットの関係から、

数が出せない方は、

国産の安価なギターなら、3万円位から

出品することが可能ですので、

ココからスタートです。

 

それと、リサーチが重要です。

 

これが上手く出来ていないと

なかなか売れないです。

 

私は、無在庫販売と有在庫販売を

併用してギターを販売しています。

 

多くの方がお気づきだと思いますが、

無在庫販売だと、

 

実際に商品が売れたときに、

ギターがすでに売れてしまっていて、

ネットショップに在庫がない

ことがあると思います。

 

これを避ける方法についてです。

 

仕入れ先をネットショップに

するのであれば、

 

eBay輸出でPVやwatchingの数を

見ながら、

 

これは近いうちに売れるであろうと

判断出来るギターがあると思います。

 

こう言った売れる可能性の高いギターは

リスト化しておくと良いです。

 

私は、毎日ギターを見ていますので、

売れ筋のたくさんのギターリストを

持っています。

 

作業をやっているうちに、自然と頭に

入ってくるものです。

 

このリストを上手く活用して、

有在庫販売もやってみて下さい。

 

また、有在庫販売の場合は、

ネットショップからだけでなく、

 

ヤフオクやメルカリといった

オークションサイトから仕入れると

さらに安価に仕入れることが可能です。

 

こんな感じで、無在庫販売と

有在庫販売を併用して、

ギターを販売していけば、

大きく稼ぐことが可能です。

 

リスクがあると考えているのは、

あなたが販売しているギターの本数が

すくないので、怖がっているだけです。

 

ギターは、多くの高額商材の中でも

とんでもなく売れる商品ですから、

 

この方法を身につければ、

それはリスクではなく、

効率の良い販売方法に変わります。

 

ちなみに、慣れてくると

有在庫販売のリスクは限りなくゼロに

近づきます。

 

私は、ホリデーシーズンなどには、

有在庫ギターが足りなくて

困るくらいですから。

 

やってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です