初心者から1歩抜け出る方法

今日は、

 

初心者から抜け出る方法

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやろうと思った方の

全ての方がギターのことを

よくご存知というわけではないですね。

 

ところが、

ギターのことをあまりご存知ないのに、

 

実際にギター転売を

始めてみますと非常に好成績で、

どんどんギターが売れる方と、

そうでもない方に分かれると

思います。

 

その違いは一体何でしょうか。

 

1つの理由ですが、

 

「自分がギターを購入する側に立って

ギターの販売をやっていない」

 

と言うことが考えられます。

 

少しわかりにくいですが、

何が言いたいのかというと、

 

カスタマーがギターを購入するのは、

弾いて楽しむためなので、

 

購入されるギターは、

弾いて楽しめて、しかも

自分がもつことで満足感が得られるもの、

 

こう考えると、

わかりやすいと思います。

 

多くのギター転売をやられている

初心者の方は、

躍起になって売れるギターを

探しています。

 

これは、これで良いのですが、

実は、なかなか見つからないのでは

ないでしょうか。

 

あるいは、

どのギターを選んだら良いのか、

迷っていませんか?

 

売ることばかりに注目していて、

どうしてカスタマーが

そのギターが欲しいのか?

 

このギター以外なら、

どんなギターを欲しがるのか?

 

これを考えてみるといいですね。

 

いつも売る側だけに立ってしまうので、

どうしても人気のあるギターを

見つけにくくなっています。

 

また、この方法で多くのセラーが

ギターのリサーチをしているので、

選んでくるギターが重なっています。

 

私が感じるに、

日本のセラーが出品しているギターと、

海外の、あるいは日本のカスタマーが

欲しがっているギターが、

ちょっとずれているのです。

 

いくつかのプラットフォームを見ていて、

感じることです。

 

これを回避する方法ですが、

今日は、オススメの方法をお教えします。

 

1つは、自分が仮にカスタマーになって

ギターを選んでみることです。

 

ギターについて興味があまりなくても

自分の聞いている音楽、あるいは

ちまたで人気になっている曲、

 

これに使われているギターを

ネットで調べてみて下さい。

 

そして、ギター販売のポータルサイト、

たとえば、Jギターやデジマートで

そのギターを探してみて下さい。

 

すると、見つかったギターサイトには、

 

その方が有名であれば、

 

「XXXX使用ギター」

 

なんていう文字が見つかったりします。

 

その後、その方の名前と、

使っているギターを検索してみて下さい。

 

すると、人気の売れるギターが見つかります。

 

このようにして、

 

「1歩突っ込んでリサーチする」

 

ことが、他の方との差別化には役立ちます。

 

やってみると、最初は時間がかかります。

 

ところが、これをたびたび、あるいは

1日1人の方のリサーチをやっていると、

 

数ヶ月も経てば、

ほとんどの著名なギタリストの

使っているギターと、そのコピーモデルが

全てわかります。

 

これをリスト化して下さい。

 

これ、凄いリストになります。

 

やればやるほど、売れるギター、

人気のあるギターが見つかります。

 

そして、このリストは、陳腐化しないです。

 

好きなギターは変わらないことが多く、

数が増えることがあっても、

減ることはありません。

 

さらに、だんだん、短い時間で探すことが

出来るようになります。

 

そのころには、あなたは

ギターセラーとして

成功しているはずです。

 

朝起きたら、ギターが売れていた。

 

これが叶うはずです。

 

今日も良い話だったでしょう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です