海外発送のコツ

今日は、海外発送のコツ

 

について、お伝えします。

 

ギターを海外に送付するときには、

どのように送ると安価に、問題なく

送ることが出来るでしょうか?

 

いくつかの方法が考えられますが、

 

アコースティックギターの場合は

ハードケースに入れて送るのが良い

考えています。

 

今まで100本以上の

アコースティックギターを

発送しています。

 

私は、その全てをハードケースに入れて

送っています。

 

エレキギターの場合は、ハードケースでも

もちろん良いのですが、

 

販売時にソフトケースや

持ち運びに便利なギグケースが

付属してくることが多いので、

 

この場合は紙の箱に入れて送れば

問題はないです。

 

こちらもトラブルはないです。

 

海外発送では、ご存知のように

重量で発送料金が決まります。

 

ですから、出来るだけ安価な方法で

発送することが求められます。

 

アコースティックギターや

エレキギターを

ハードケースで送付する場合は、

 

ハードケースをプチプチで2重に

包んで、デープで巻いて発送すれば、

問題ないです。

 

エレキギターを発送するときには、

紙の箱にソフトケースかギグケースに

入れたギターを中で動かないように

詰め物をして、発送しています。

 

いずれの方法でも、大切なのは、

 

「中で動かないようにしっかりと

詰め物をする」

 

だと考えています。

 

ハードケースの場合は、動くことは

あまりないですが、

 

エレキギターの発送中に、

中でギターが動いて、

ネックに損傷が出るなどの

トラブルが起きることを防がないと

いけないです。

 

詰め物は、プチプチが簡単ですが、

古新聞であれば無料ですね。

 

私は、プチプチはロールで購入しています。

 

外注さんのところでも

プチプチを購入してもらっています。

 

古新聞は、1~2枚づつ丸めるのが良いです。

 

古新聞は意外と重いので注意が必要です。

 

この方法で、今まで発送中のトラブルは

1度も起きたことはありません。

 

カスタマーから、

ハードケースをプチプチで包んで

発送したら、

 

「発送方法が貧弱だ」との苦情をもらった

ことはありますが、問題が出ていないので

返金したことは一度もありません。

 

この発送方法で、全く問題ないと

考えています。

 

ハードケースを紙の箱に入れて送付

したこともありますが、

 

重量が重くなるので、金額が高くなります。

 

ですから、そこまで

重厚にしなくても大丈夫です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください