ギターのセラーにとって大切な事は一体何か?

今日は、

 

ギターのセラーにとって大切な事は

一体何か?

 

について、お伝えします。

 

ギターの販売をやっていて、

どうやってカスタマーに

ギターを販売していくかですが、

 

カスタマーが、何を求めているのか

わかる、理解する必要があります。

 

メールのやり取りだけで、

高額なギターを販売することは、

難しいと言えばそうなのですが、

 

わからなければ、まずは、要望を

 

「カスタマーに聞く」

 

ことだと思います。

 

ギターの場合は、いきなり

何千ドルもするギターが売れることは

少なく、

 

何度もお気に入りのギターの状態

について、問い合わせが来たり、

価格交渉が来たりします。

 

そんな時に、どんなギターを欲しがって

いるのか、だいだいわかりますので、

 

自分の知っている範囲で、こちらからも

オファーを出すべきです。

 

過去の経験から、カスタマーが

欲しがっているギターには、

基準や特徴があります。

 

多くは、価格、ブランドとモデル名、

製造国及び製造年、色、重量。

 

ここらあたりを押さえると、購入したい

ギターが明らかになります。

 

わからなければ、具体的な内容を

これをこちらから聞くのです。

 

問い合わせをしてくるカスタマーは、

どんなギターが欲しいか

決まっていますので、

 

たいていは、スグに返事が来ます。

 

その時に現在、自分のプラットホームで

出品していないギターについても

オファーすれば、購入してくれる

可能性は非常に大きいです。

 

リサーチの時も、売れるギターは

カスタマーが欲しがるギターですので、

 

これがわかれば、効率よく売れるギターを

出品することが出来るようになります。

 

このように考えてみると、

セラーにとって大切なことは、

 

まずは、

 

「カスタマーから連絡をもらうこと」

 

であり、ここが販売の最も大きな

トリガーになっているのは

まちがいないです。

 

もしも、あなたのアカウントで、

カスタマーからの問い合わせが

ほとんど来ないのであれば、

 

魅力のあるギターが

魅力のある説明がなされていない

可能性が高いです。

 

ギターのリサーチに関しては、

カスタマーの要望を知って、

1つずつ頭を整理して

やって行くしかないと思います。

 

どんなことでもそうですが、

上手くいかない、簡単ではないのは、

誰でも同じことですので、

 

ギターが売れないのは、

このステップを

やっていないからだと思います。

 

やってみれば、

それほど難しいことではないので、

 

ぜひ、やってみてください。

 

何度もお伝えしていますように、

ギター、とくに、vintageギターは

とても良い商材であり、

 

多くの物販に関わっている

私が考えても、このカテゴリー

非常に魅力的です。

 

薄利多売で苦労されている方、

 

サラリーマンで時間のない方、

 

音楽や、ギターが好きな方、

 

ギターをスムーズに販売して、

今までと違う毎日をゲットして下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です