苦戦している人がやるべきこと

今日は、

 

ギターが売れていると人、

苦戦している人との違い

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で稼ごうとお考えの方は、

無在庫販売でどんどんギターを

出品されていると思います。

 

ところが、ギターの出品数と

売れているギターの数は、

必ずしも比例しないですね。

 

これは、どうしてでしょうか?

 

たとえば、Amazon輸出だと、

たくさん出品することが重要と

なっています。

 

できれば、10万品位出品されて

おられた方が稼げます。

 

理由は新品商品だからと、

価格の安い商品を

扱っているからです。

 

ギター転売の場合は、

 

カスタマーにとって、魅力のある

ギターを出品すること、

 

さらには、カスタマーが

知りたいことが書かれている方が

売れやすいとの感じがしています。

 

カスタマーにとって魅力のあるギターは

ズバリ、定番ギターですが、

 

これ以外にもシグネイチャーモデルや

カスタム品など

いろいろなギターが相当します。

 

また、出品画面の記載については、

あなたがギターを購入するなら、

何を質問するか考えて、

 

自分が聞きたいことを

想定して、その回答を書くのです。

 

たとえば、新品でも中古品でも

同じ回答になるような記載は

書かなくても大丈夫なことが

多いです。

 

ただし、そのギターの特徴を示すような

内容については、記載してください。

 

他のギターと違って、このギターの

特徴はこれだ、という物があれば

 

必ず記載すべきです。

 

カスタムモデルだと、どこが

レギュラーモデルと異なるのか、

 

そのモデルはどの位の数が

流通しているのか、

 

こう言った、他のギターとの差別化点

も記載すると良いですね。

 

こういった、ちょっとした記載が

カスタマーにとって、

 

つまりは、

そのギターを購入するかどうかの

決定的な判断材料となることも

あります。

 

最初は、なかなかこれがわからないです。

 

これは、経験も必要ですが、

自分がギターを購入するなら、

こういった点があるギターを選びたい

と内容を書くとよいです。

 

慣れてくれば、この記載をすることが

出来るようになりますので、

心配しなくても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください