ギターの販売方法

今日は、

 

ギターの販売方法

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっている方は、

わかると思うのですが、

 

ギターの販売は薄利多売ではないです。

 

ですから、薄利多売の販売方法と

ギターの販売方法は異なっています。

 

ギターはご存知のように

高額商品です。

 

高額商品の良さは、商品自体が

高額ですので、1本売れれば、

利益が大きいということです。

 

ですから、あなたが、個人単位で

ギター転売に取り組んでいれば、

 

1日に売れる数は

10本以上ということはないでしょう。

 

ということは、手間が少なく、

また、利益が大きいと言うことで

 

サラリーマンのようなお忙しい方に

とっては、好都合な販売方法だと思います。

 

販売方法のことで、お伝えしたいのは、

 

「薄利多売とは異なる」

 

ということです。

 

薄利多売だと、売れる商品を

できるだけたくさん出品することが

必要です。

 

しかも、新品商品の方が稼げます。

 

理由は、安定して仕入れが出来るからです。

 

数は、多ければ、多いほど稼げます。

 

これを成功させるためには、

 

ツールを用いること

外注化すること

 

これが必須です。

 

ギター転売の場合は、

薄利多売ではありませんので、

 

最初は、個人レベルだと、

上記は必要ないです。

 

ここからが、本日の本題です。

 

ツールを用いて出品するのは、

新品商品で商品自体が差別化出来ない物

が好都合です。

 

やり方として、無在庫販売であるならば、

すでに出品されている商品を

sell similarで出品すれば良いからです。

 

ギター転売では中古1点物の

商品を扱います。

 

そのために、ツールをもちいて

商品を出品するのは不向きです。

 

全く同じ商品でも1本毎に商品が

異なるからです。

 

ところが、外注化に関しては、

薄利多売でも、中古1点物の販売でも

かわりがありません。

 

ですから、ギター転売で

大きく稼ぐための販売方法の秘訣は、

 

「外注化」です。

 

薄利多売を経験されている方は

おわかりだと思います。

 

自分でやってみる

ひととおりできるようになる

自分のスタイルを決める

それをマニュアル化する

外注を募集する

任せる

外注化の管理

不労所得

 

この図式です。

 

ギター転売の場合は、1本あたりの

利益額が薄利多売と比較して大きいです。

 

ということは、この図式が完成すると

とんでもなく稼げることになります。

 

あなたが富裕層に入るチャンスは、

ココにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です