こうすれば、もっとギターは売れる

今日は、

 

もっとギターを売りたい方へ

 

について、お伝えします。

 

ギターが売れないと嘆いている方が

多いように感じます。

 

私の所にも、もっとギターを販売したい。

 

こう言ってくる方がたくさんいます。

 

ギターは本当に良い商材で、

1本売れれば、3万円位からの

利益が出ます。

 

ですから、あなたが毎日ギターが

売れたとすると・・・

 

月に100万円弱の利益となります。

 

こんな感じでギターを販売するには、

いくつものコツがあります。

 

その中で重要なのは、

 

出品しているギターの本数が多い。

 

売れるギターを出品していること。

 

カスタマーとのやり取りがキチンと

出来ている。

 

無在庫販売でギターが売れていて

なくても、キチンと代替えギターの

オファーが出来ている。

 

など、があります。

 

今日は最後の、「代替えギターのオファー」

について考えてみたいと思います。

 

無在庫販売をやっている方は、

ギターが売れてから仕入れるのですが、

 

ネットショップにすでにギターがなくて、

カスタマーにお断りの連絡を

している方も多いように思います。

 

私もたびたび断っていますが、

これを出来るだけ防ぐ方法があります。

 

それは、

 

「PVやwatchingがたくさん入っている

ギターは、事前に仕入れてしまう」

 

「ギターがないときには、別のギターを

すぐにオファーする」

 

これが、結構効果的です。

 

後者の例だと、

 

私が書いている英文ですが・・・

 

But I have the other same model.

Please find the several pictures

as the attached.

I would like to offer this guitar

as the replacement of your selected one

if you agree with my proposal.

Price is the same as the previously

you purchased one.

 

・・・・

Please let me know your decision.

 

こんな感じで攻めます。

 

コツは、

 

とにかくスグに返事を出すこと。

 

全く同じギター(ブランド、モデル、

色など)が望ましい。

 

全く同じ価格かちょっと安価。

 

そうすると、すぐに帰って来た返事が・・・

 

Hey,

 

that’s fine for me, as long as

it is the same model.

 

all for the best

 

と言う風になれば、OKですね。

 

これは、慣れもあるかも知れないですが、

どんどんオファーすべきです。

 

失敗を恐れず、何でも良いから

スグに返事です。

 

このスピーディーなやりとりの結果が

代替え品の購入へとつながります。

 

もしも、全く同じギターがなかったら

どうするかですが、

 

これは、出来るだけ、売れたギターと近い

ギターにするとよいです。

 

ギターの場合、国産ギターだと、

マーティンやギブソンのコピーモデルが

とても多いですので、

 

もしも売れたギターが、国産の

コピーモデルなら、

かなり可能性が高いです。

 

これ、やってみる価値は十分にあります。

 

どうしても販売したい。

 

その気持ちが相手に伝わると

良い結果が出ることが多いですね。

 

やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です