ギター転売で売れるボディーサイズは?

今日は、ギター転売で売れるボディーサイズ、についてお話します。

ギター転売で売れるギターは、やはり人気ギターです。

売れるボディーサイズがあります。

ボディーサイズとは、いわゆるギターのボディーのくびれの話です。

私は当初、ボディーサイズはD(dreadnought)タイプが圧倒的に人気があると考えていました。

確かにDタイプは人気があるのですが、人気があるのはこればかりではありません。

もっともくびれた、Fタイプ、マーティンでいうならば、トリプルオー(000-)もとても人気が高いです。

Dタイプはステージで使われることがおおく、多くのミュージシャンがTV等で使っていることも有り、これはとても人気です。

一方で、個人がひとりで演奏するときや、音のバランスが取れたギターとしては、Fタイプが人気です。

この中でも、カッタウェイタイプの高フレットまで演奏可能なギターはとても人気があります。

この手のタイプの問い合わせがとても多いからです。

大きく分けると、上記の2タイプのギターが人気です。

それと、ギター転売をやっていて強く感じるのは、人気のアーティストが使っているギターがとても人気があるということです。

代表例が、マーティンの000-28ECです。

このギターには、同じマーティンの000-28というタイプがあります。

ところが、上記の000-28ECの方が、人気があり、価格も高いです。

ギターの形も、材質も変わらないのに不思議だと思ったのは、このギターがエリッククラプトンという超有名ギタリストのモデルだからです。

このように、ギター転売では、ボディーのサイズ、使用アーティストなどにより、売れるギターが決まっています。

これをよく習熟して販売していくといいですよ。

私は個人的には、マーティンのD-28が好きですね。

D-45やD-42などの材質にこだわったギターも何本も弾いてみましたが、自分の好きな音はD-28です。

やはり、定番ギターに人気があるのもよくわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください