ギター販売のリスク

今日は、

 

ギター販売のリスク

 

について、お伝えします。

 

ギターは高額な商品で、よく売れて、

とても良い商材だと感じています。

 

私はAmazon輸出もやっていますが、

楽しんで出来ているのは、

この「ギター転売」ですね。

 

とはいうものの、高額商品にありがちな

リスクもギターにはたくさんあります。

 

たとえば、

商品が紛失してしまう。

 

仕入れ金額が大きい。

 

こんな点を1つずつ解決しながら

アカウントを育てていけば

良いと思います。

 

紛失に関しては、

トラッキング番号をつけることが

可能な配送方法で送るべきです。

 

高額な商品を、番号付与のない方法で

発送することは、

それだけでリスクが高いです。

 

一般的ですが、保険をキチントかけて、

発送することをオススメします。

 

不測の事態に陥った時には、

海外にギターが着いてからだと

ほとんど日本からの要望や問い合わせ

には、無関心である事が多いのです。

 

その結果、現地の郵便局まで到達して

入るにもかかわらず、

行方不明になることもあります。

 

こんな時に役に立つのが、

発送ラベルに書いてある電話番号

です。

 

これは必ず書いて下さいね。

 

これがないと、現地の郵便局で

判断に迷った時に、

カスタマーに連絡することが出来ません。

 

また、カスタマーが現地の郵便局に

電話したときにも、このラベルは

とても役にたちます。

 

また、最近、私のスクール生で

ひどい発送事故がありました。

 

エンドピンが本体に押し込まれ、

ブリッジが抜け出てしまっているという

大きな事故が起こっています。

 

こんなことはとても珍しいことです。

 

私は幸いなことに過去に発送中の事故で

保険適用になったギターが

1本もありません。

 

これは非常にラッキーなことで、

みなさんは不測の事態に備えて、

発送時には保険適用にしてください。

 

ちなみに、日本郵便でかける保険は

とても安いです。

 

ギターの金額に依存しますが、

200円程度のお金で

発送中の事故に補償がつくわけ

ですから、これはかけない手はないです。

 

こうやってリスクを排除してやって、

あなたの利益を確保することですね。

 

高額製品は稼げる一方で、

リスクをカバーできているかどうかが

重要となってくるように思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください