南米やアフリカへの ギターの販売リスク

今日は、

 

南米やアフリカへの

ギターの販売リスク

 

について、お伝えします。

 

時々ですが、南米やアフリカから

ギターの注文や問い合わせが

きます。

 

このリスクについてですが、

確かにリスクはあります。

 

まず、詐欺が多いと言うことです。

 

これは気をつけるしかないですが、

最も注意すべき点は、

eBayやPayPalに

登録してある住所以外には、

絶対に送付してはいけない

ということです。

 

これをやってしまうと、

完全に詐欺にひっかかって

しまうからです。

 

これは、ルール違反で、

日本人の感覚からすると

親切心からそうするのですが、

100%詐欺です。

 

次に、発送出来ない地域が

あると言うことです。

 

たとえば、アルゼンチンには

ギターの発送は出来ないと

考えてよいです。

 

日本郵便の記載によると、

長さが、1.05m以上の物は

発送できないです。

 

他のキャリアでも首都の

ブエノスアイレスには

発送は出来ないです。

 

アフリカでも、政情不安定などの

理由から、発送出来ない国、

地域などがあります。

 

また、アフリカでは、

たとえば、ダカールからは

詐欺のメールがとても多いです。

 

ビデオカメラのなどの購入では、

ナイジェリア詐欺と呼ばれる

詐欺が横行しています。

 

こんな感じで詐欺は他の地域の

何倍も多いので、

注意が必要ですね。

 

さらに、発送出来たとしても、

送料が日本からだと

とても高いです。

 

ギターをEMSで発送すると

25,000円位かかります。

 

通常、アメリカや欧州は

日本郵便なら15,000円程度

になるわけですから、

南米やアフリカへの送料が

いかに高額であるかわかると

思います。

 

このように、詐欺が横行し、

さらに発送費用も

他の地域に比較して

とても高額であるため、

 

日本からは、

この地域には販売できない

としている方もおられます。

 

ですが、この地域からギターを

購入してくれないかというと、

そんなことはありません。

 

過去に私は、何本もこの地域に

販売しています。

 

アコギが多いような気がしていますが、

エレキギターも売れていると

思います。

 

この地域にも、

プロのミュージシャンがいて、

熱心に価格交渉してきて

購入してくれたことがあります。

 

たしかクリスマスシーズンだった様な

気がします。

 

この地域の方に販売するかどうかの

判断は、あなた次第ですが、

リスク覚悟で販売すると言うやり方も

成立しますので、やってみる価値は

十分にあると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください