あ、このギターは売れる

今日は、

 

このギターは売れる、という感覚

 

について、お伝えします。

 

色々な方からよく聞かれることは、

 

どうやって勉強したのですか?

 

だとか、

 

どうしてそのやり方を思いついた

のですか?

 

という質問です。

 

自分ではそれほど一生懸命に

勉強したり、考えたり

してはいないのですが、

 

問題意識は絶えず持っていますね。

 

たとえば、今日の話題の

 

「あ、このギター売れる♪」

 

これをどうやって感じるかですが、

 

説明するのは、実は難しいです。

 

私の場合、ギターの写真をみたら、

 

「あ、このギター売れる♪」

 

こう感じることがあります。

 

ですが、もっともっと掘り下げていくと、

おそらくは、

 

コピーモデルだったりします。

 

その音楽カテゴリーで

オーソドックスなタイプのギター

だったりします。

 

どんな商品でも同じだと思うのですが、

多くのカスタマーは、

ブランドに弱い。

 

ブランドと言えば、

シャネルやルイヴィトン、

こんなブランドを思い出せませんか。

 

もちろん本物が欲しいです。

 

ですが、極端に高額だったりして、

一部の人しか購入できないです。

 

そして、人気のあるものは、

ブランド品のコピー、しかも

スーパーコピーは

偽物だと知っていても

多くの方が求めています。

 

満足度が高いからです。

 

ギターも同じです。

 

たとえば、ジャズのミュージシャンが

よく使っている楽器、

 

ヘビメタのミュージシャンが

よく使っている楽器、

 

フォークソングのミュージシャンが

よく使っている楽器

 

こんな楽器は共通していませんか?

 

もっと言うなら、本物の

同じ形、同じ色のコピーモデル

人気なのはココに理由があります。

 

と言うことは、シグネイチャーモデルや

限定モデルだけでなく、

 

本当に、私がいつもお伝えしていている

 

「定番モデル」

 

これがわかっていて、売れるようになれば

最強なのです。

 

多くのカスタマーから選ばれる、

多くのモデルが発売されている、

 

こんなギターは、実は、定番ギターです。

 

本当にコンスタントに売れるのは、

定番ギターなのです。

 

これは、当たり前のことのように

思いますが、

 

このことをわかって出品している方が

どれだけおられるでしょうか。

 

変わったギターを販売することに

注力する必要はなく、

 

定番ギターだけでも、十分な

売り上げがあります。

 

あなたも、やってみるとわかります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください