ギターの出品バランス

今日は、

 

ギターの出品バランスについて

 

について、お伝えします。

 

ギターの販売で稼ごうとお考えなら、

まずは、出品数をたくさん出すこと、

売れるギターを出品することなど

 

あなたがおさえるべき点は

いくつかあります。

 

その中で、高額なギターの出品については

どう考えていったら良いのでしょうか。

 

ご存知のように、vintageギターには

価格があってないようなギターも

数多く存在しています。

 

たとえば、ハカランダ(ブラジリアン

ローズウッド)が用いられたギターは

非常に貴重で高額です。

 

こう言ったギターが売れるかどうか

について考えてみると、

 

状態が良ければ、「売れる」と

考えて下さい。

 

ギター転売で稼ごうとお考えの方は、

考え方として、

 

安価な国産ギターをたくさん販売する。

 

あるいは、

 

高額な輸入ギターを販売する。

 

このいずれかの方法を考えて

いけば良いと思います。

 

考え方として、高額なギターでも、

無在庫販売なら取り組んでも

問題ないと考えられます。

 

ところが、やはり売れにくいのも事実です。

 

しかし、売れたら高額ですので、

出品しておく価値は十分にあると

思います。

 

たとえば、私は、最近、

非常に高額なギターが売れました。

 

価格でいうと400万円オーバーです。

 

このギターは

売れないと思っていたのか

それとも、

売れると思っていたのかですが、

 

私は、

売れると思っていました。

 

たしかに、問題点もありました。

 

しかし、程度の良さや、希少性、

音の鳴りなど、売れる要素は

たくさんありました。

 

このように考えて行くと、

 

売れるギターを出品することが

大切である事がわかると思います。

 

ギターが高額であっても

売れると判断されるギターは

少し時間がかかっても

確実に売れて行きます。

 

ですから、あなたが出品するギターは

国産の安価なギターだけでなく、

高額なギターも混ぜて販売すると

良いと思います。

 

その方が、大きく稼げるワケですから、

少し考え方を広げるだけでよいわけです。

 

やって見る価値は十分にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です