どんな外注さんを雇うとよいのか

今日は、

 

ギター転売では、

どんな外注さんを雇うとよいのか

 

について、お伝えします。

 

ギターで稼ぐには、どんな外注さんを

雇うと効果的か、ですが、

 

これは、

 

「やっていただく作業に精通した

外注さんの方が望ましい」

 

と言うことになります。

 

当たり前のことですが、

これが出来ているセラーの方は

少ないように感じています。

 

外注さんを募集すると、多くの

方が応募してきます。

 

その際に、自分がやって欲しいことを

明らかにして、

 

そのことが出来る方を雇う方が良いです。

 

外注さんには、

通常、自分のやって欲しいことが

最低限出来る方を雇っていると

思いますが、

 

コレだけだと

非効率なことがあります。

 

たとえば、自分にギターの知識が

あまりないときでも、

 

やっていただきたいことは外注さんに

指示を出さなくてはなりません。

 

この時にギターのことが

わかっている方なら、簡単な説明で

十分理解してくれます。

 

さらに、自分が曖昧なことでも

わかっている方がおられて、

何も言わなくても、

そのことが出来る方がおられます。

 

たとえば、配送なら、どういう風に送れば

事故が起こりにくいのか、

 

あるいは、紙の箱にギターを入れて

配送依頼するとき、

 

箱にどちらが上で、どちらが下か

 

どの面が

ギターの表側(弦が張ってある方)か、

どの面が裏側か?

 

こう言ったことをキチンと

箱に記載してくれる方がおられます。

 

本来、ギターの上下は、指示しなくては

いけない内容ですが、

 

自然と上下の区別をして

発送してくれれば、

こちらとしても助かりますよね。

 

こんな風に

ギターのことがわかっている方と

そうでない方がいますから、

 

自分がギターのことが

よくわからないのであれば、

 

わかっている人を雇った方が

良いわけです。

 

このことは、ギターだけでなく、

全てのことについて同じです。

 

もしも、あなたが、

リスクを出来るだけ避けて、

最も効果的に、安価に

物販をお願いしたいのでれば、

 

すでにやったことがある、

わかっている方を

雇って下さい。

 

どうせ雇うなら、この方が

何倍も効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください