テスト販売のやり方

今日は、

 

テスト販売のやり方

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

もっと、もっと売れるギターについて

知りたいと思うと思います。

 

なぜなら、ギターには非常に多くの

ブランド、モデルなどがあり、

 

いった、どのモデルに人気があるのか、

どのモデルが売れるのか

 

なかなかわからないからです。

 

こんな時には、私は

テスト販売をすることを

オススメしています。

 

テスト販売の目的は、

 

あなたの選んだギターに

人気があるかどうかを

判断することが出来る。

 

というメリットがあります。

 

これがわかれば、

テスト販売で感触を得たギターと

同じ、ブランド、モデルを

どんどん出品していくことで、

あなたの売り上げが伸びるからです。

 

カスタマーの多くは、

自分の好きなミュージシャンが

使っているギターを購入しようと

考えます。

 

ですから、そのギターがわかること、

あるいは、そのギターのコピーモデルを

出品することで、

ギターが売れるようになります。

 

テスト販売してみると、

 

ページビューやウオッチングの数が

多いギターは人気があることが多いです。

 

ただ、気をつけないといけないことは、

高額なギターや

滅多にない貴重なギターでも

この数は増えてきます。

 

ですから、数が多いだけでなく、

カスタマーからの

問い合わせの件数も含めた、

 

総合的な結果で、売れるギターを

判断するとよいと思います。

 

その理由は、

vintageギターに人気があるのは

当たり前で、

 

人気があるからと言って、

そのギターを全てのカスタマーが

購入するとは限らないからです。

 

価格が高いギターが購入出来ない方も

たくさんおられます。

 

ですから、カスタマーからの

問い合わせで

 

ページビューやウオッチングの数が

多いギターの売れやすさを判断した方が

いいですね。

 

当然ですが、たとえばアコギなら、

マーティンのD-45などの出品画面には、

 

非常に多くの方が訪れるわけで、

だからといってスグに売れるとは

考えられないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください