リサーチの方法

今日は、

 

リサーチの方法

 

について、お伝えします。

 

ギター・エフェクター輸出セミナー

 

http://akinak.net/seminar/

 

ココでも、お話させて

いただいたいのですが、

 

ギターを販売する、売り続ける方法

ですが、

 

これは、リサーチをいかにうまくやるか・・

 

ここにかかっていると言っても

過言ではないです。

 

ギターがなかなか売れない、

ギターをもっと毎日のように販売したい、

 

こうお考えの方が非常に多いように

感じています。

 

ここで、売れない理由を考えてみると・・

 

1つには、出品しているギターの本数が

少ないこと

 

さらには、売れるギター、

稼げるギターが出品されていないこと、

 

また、

 

カスタマーと上手くやり取りが

出来ていないこと、

 

これらのことが考えられます。

 

ココを改善する必要があるのですが、

 

リサーチについては、

 

絞って探すこと。

 

テスト販売して、売れるかどうかを

PV(ページビュー)とwatchingで

判断すること。

 

これがとても、重要です。

 

そして、まずは、価格相場リストを

作成して、

 

ギターの価格を頭に入れてください。

 

価格相場リストとは、そのギターが

現在いくらで売れているのか、

 

これを頭に入れるための

自分で作ったリストのことです。

 

あなたが仕入れようとするギターを

リサーチしているとき、

 

このギターを仕入れたい・・

 

こう感じたときに、そのギターを

仕入れるかどうかですが、

 

そのギターの価格が

頭に入っていなければ

仕入れることが出来ません。

 

価格が頭に入っていれば、

ヤフオクでも、店舗でも

 

「これを仕入れると稼げるから

仕入れよう」

 

こう感じるはずです。

 

まずは、これをやって欲しいです。

 

何もせずに稼げるギターや

売れるギターがわかるように

なることは、難しいです。

 

これは、ギターやエフェクターだけでなく、

多くの商品に

共通したリサーチの方法です。

 

この方法を身につければ、

それほど多くのことを

やらなくてもギターは売れていきます。

 

あなたも是非トライしてみて

ください。

 

昨日のセミナーでは、

 

こんな方法も

実際にフローチャートをお示しして、

お伝えしました。

 

稼げる方法をお伝えします。

 

次回のセミナーは5月、27日、28日に

東京・日暮里で開催します。

 

会場で是非お目にかかりましょう。

 

http://akinak.net/seminar/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください