カスタマーが欲しいギターは決まっている

今日は、

 

欲しいギターは決まっている、

 

について、お伝えします。

 

ギター転売を始めて、

ヤフオクやeBayで

ギターの販売を始められた方から

 

ギターがなかなか売れないと

たびたび質問が来ます。

 

確かに、私がギターの販売を

始めた時も、なかなかギターが

売れない状況が続きました。

 

ここで辞めてはいけません。

 

アカウントをスタートしても、

あなたのアカウントが育っていない、

 

あるいは、セラーの評価が高くない

などの理由で、

なかなかギターは売れないです。

 

これが普通ですので、心配しないで

くださいね。

 

ギターが売れ続けるには、このような

アカウントが育っていないという問題

の他にも、色々なコツがあります。

 

いくつか上げてみますと・・・

 

たくさんのギターを出品している。

 

顧客とうまくコンタクトしている、

あるいはやりとりしている。

 

こう言った要素も重要となります。

 

今日はこの中でも、

顧客とのコンタクト方法や

やり取りについてお伝えします。

 

コンタクト方法ですが、基本的には

先方からの質問でスタートします。

 

先方から質問が来れば、出来るだけ

これに早く答える。

 

コレがコツです。

 

そして、先方の要望を聞くことです。

 

たとえば、どんな音楽をやっているのか、

どんなミュージシャンが好きなのか・・・

 

コレにより、

その顧客が購入したいギターが

だいたいわかります。

 

そういったギターを勧めれば良いのです。

 

たとえば、

好きなバンドやミュージシャンがいれば、

 

の人の持っているギターと

同じモデルを格安の価格で勧める。

 

中古で掘り出し物がないか、調べてみる。

 

あるいは、大手の楽器店に、

このモデルのギターが入荷したら、

連絡してほしいと連絡しておく。

 

こんな、前向きな販売方法で

他のセラーとの差別化が可能です。

 

私がお伝えしたいことは、

カスタマーの購入したいギターは

問いあわせがあった時点で、

 

「購入したいギターは

すでに決まっている」

 

と言う点です。

 

ここを見逃してはダメです。

 

そのカスタマーが購入したいギターが

決まっているので、その他のギターを

勧めても購入はされないのです。

 

「1980年以前のギターが欲しい」

 

と、要望があるのに、2000年前後の

ギターを勧めても、

購入はしてくれないということです。

 

こう言った点に気をつけて、

顧客のニーズを聞いて、

それに合わせた販売方法をとれば、

 

無駄なやり取りや、時間のロスは

確実に少なくなります。

 

これができていれば、あなたの売り上げは

何倍にもあがります。

 

セミナーでは、こんな

上手く稼ぐための方法を

お教えします。

 

何をどう考えれば良いのか。

 

どう進めると良いのか。

 

具体的な方法、やり方、そして、

成功している例を示しながら、

 

あなたのセラーとしての

ポジションを上げていきます。

 

セミナーは無料ですので、

聞きに来てくださいね。

 

http://akinak.net/seminar/

 

次回のセミナーは

今週末、5月27日、28日に

東京・日暮里で開催します。

 

なんとか都合をつけて来てください。

 

また、スカイプで期間を限定して、

あなたとお話する企画を考えました。

 

申込期間は5月28日の日曜日まで

とします。

 

私が対応出来る人数にも

限界がありますから

急いだ方が良いです。

 

わたしと電話でお話したい方は、

下記まで登録をお願いします。

 

早い者順です。

 

http://akinak.net/t/xz8k

 

今なら、月収100万円も夢ではないです。

 

わたしの読者で

この金額が達成出来ている方が

何名かおられます。

 

今日から行動を起こしえください。

 

そうすれば、稼ぎ続けることが可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください