どんな市場で勝負するのか

今日は、

 

どんな市場で勝負するのか

 

について、お伝えします。

 

物販をやっていていつも感じるのは、

 

差別化と市場性です。

 

差別化は他の商品との差別化のことを

さしますが、これは新品商品の場合です。

 

中古商品の場合は、1点物ですので、

差別化は、そのまま希少性や

vintage品というカテゴリーになり、

 

いわゆる「目利き」の能力が必要と

なります。

 

私たちの扱っているギターの場合は、

中古1点物ですから、

 

いかに売れるギター、稼げるギターを

見つけることが出来るかで、

勝負がきまります。

 

これは、経験値が大きいと言えば

そうなのですが、

 

しばらくやっていますと、

 

どんなギターが売れるのか

どんなギターが選ばれるのか

 

これがわかるようになりますね。

 

今日の話は市場についてです。

 

商品に人気があれば、

売れ行きがとてもよく、

 

品薄になるくらい売れる商品も

少なくないです。

 

この商品は新製品であったり、

新機能、画期的な商品だったり

しますね。

 

ですから、新品製品の開発競争は

熾烈で、ここが売れいきの

キモとなると思います。

 

私たちは、

中古品のいわゆる「転売」を

やっているわけですから、

 

気にしないといけないことは、

 

希少性や価値観といった基準に

注力すべきだと思います。

 

さらに、その商品がどれだけ

世の中に出回っているのか、

が重要で、

 

入手しやすい商品の方が

販売しやすい、つまりは

稼ぎやすいということです。

 

こう考えると、ギターやベースといった

楽器や、エフェクターは

 

とても良い商材である事がわかります。

 

入手しやすさ、希少性、価値観、

そして、人気度。

 

いずれをとってもとても大きく、

扱って稼ぎやすい商材だと

感じています。

 

こう言った、マーケティングに関する

お話も、セミナーの中で

お伝えしていきます。

 

ギター転売のよさをご理解いただいて、

このカテゴリーに

取り組んでいただければ、

 

今までの薄利多売の概念が払拭され、

大きく稼げることが理解できます。

 

こんな話もセミナーでお伝えします。

 

セミナーは無料ですので、

ぜひ聞きに来てくださいね。

 

http://akinak.net/seminar/

 

次回のセミナーは

今週末、5月27日、28日に

東京・日暮里で開催します。

 

なんとか都合をつけて来てください。

 

また、スカイプで期間を限定して、

あなたとお話する企画を考えました。

 

申込期間は5月28日の日曜日まで

とします。

 

私が対応出来る人数にも

限界がありますから

急いだ方が良いです。

 

わたしと電話でお話したい方は、

下記まで登録をお願いします。

 

残席が少なくなってきました。

 

お急ぎ下さい。

 

http://akinak.net/t/xz8k

 

無料の相談会はめったにありませんので、

この機会を逃すと、

 

次回、私とお話出来るチャンスは

かなり先になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です