不測の事態が起きたときの対処方法

今日は、

 

ギター転売をやっていて

不測の事態が起きたときの対処方法

 

について、お伝えします。

 

国内販売に比較して、不測の事態が

起こるのが、輸出入です。

 

特に輸出の場合は、

国内では問題ない事がほとんどですが、

 

海外に出てからは、

こちらの手が届かないことが

ほとんどですから、

 

不測の事態が起きた時には、

商品の紛失など、

ややこしい事になることが多いです。

 

この時の対応ですが、

 

スグにカスタマーに連絡すること。

 

自分の使っている

キャリアー(郵便局など)に、

スグに連絡して対応を求めること。

 

だと、思います。

 

紛失の場合は、通常、カスタマーから

eBayへ連絡が行き、

 

これがeBayから

自分のアカウントへ連絡されて

発覚することが多いです。

 

商品が配送予定の期間を越えても

到着しないので、

カスタマーからプラットフォームへ

返金希望が出るなどです。

 

eBayから商品不着の連絡が

来たときには、

 

最初にカスタマーに

 

「あと1週間くらい待ってくれ」

 

と連絡した方がイイです。

 

連絡があったケースの半分くらいは

たいてい1週間くらいで着くことが

ほとんどです。

 

これをオープンケースと言うのですが、

たいていは、数週間でクローズしますので、

その間に解決します。

 

無くなったときには、返金対応が

通常のプロセスです。

 

海外では、特に先方の郵便局で

紛れて商品が無くなることが多く、

 

先方の郵便局にカスタマーが電話して

対応してもらうと

上手く行く事も多いです。

 

あるいは税関で止まってしまって、

それ以上配送されないことも

あります。

 

国内だと、こんなことはまずないので、

配送上のトラブルは非常に少ないです。

 

ただ、これもたびたびあるわけでなく、

滅多に起こらないことですので、

安心してもらってよいと思います。

 

セミナーでは、私と直接

こんな話も出来ます。

 

セミナーは無料ですので、

ぜひお越し下さい。

 

6月のセミナーは、下記から登録

できます。

 

セミナー参加登録

http://akinak.net/seminar/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください