新品販売と中古品販売の違いは何か?

今日は、

 

新品販売と中古品販売の違いは何か?

 

について、お伝えします。

 

私はAmazon輸出もやっているのですが、

Amazon輸出は、新品販売が主です。

 

一方で、eBay輸出では

新品販売も多いですが、

中古品販売をやる方が良いです。

 

いずれの販売も輸出に違いないのですが、

異なるプラットフォームでは、

販売する商品群が異なっています。

 

これは、そのプラットフォームが

得意とする商品構成があるからです。

 

ギター転売の場合は、

主として中古品を扱います。

 

その理由は、新品商品の場合は、

価格的に楽器店にはかなわないこと、

 

また、通常の個人では、

卸仕入れが非常に難しいことなどが

考えられます。

 

また、ギター転売で

中古品を販売する良さは、

中古品は一般的に、価格が新品商品に

比較して安いのですが、

 

vintageギターは価格があって

無いようなものだからです。

 

そのため、自分が選んだギターが

どれだけの価値があるのか

わかっている人は

大きく稼ぐことが可能となります。

 

新品販売の場合は、商品自体の品質は、

どのセラーから購入しても

全く同じです。

 

もちろんサービスや、プレゼント品の有無

などによって、多少の違いがあるものの、

 

基本的にギター自体は同じだからです。

 

そのため、新品ギターの販売では、

他のセラーと「価格」で差別化する以外に

自分の商品を購入してもらうための

動機がありません。

 

ですから、新品ギターを仕入れる際には、

いかに安価に仕入れるかを考えないといけないわけです。

 

あるいは、他のセラーが

出品していないギターを

出品する必要があります。

 

一方で、中古ギターの場合は、

自分の選んだギターが稀少であったり、

人気があるギターである場合は、

 

中古ギター=vintageギターとなり、

価格が下がるどころか、

何倍にも上がることが想定されます。

 

ということは、いかにこのようなギターを

見つけるかが、稼げるかどうかの境目に

なってきます。

 

このことから考えると、

私たちが取り組んでいるギター転売では、

 

この稼げるギターを効率的に見つけて、

販売していけるかどうかで、

ほぼ稼ぐことができるかどうかが

決まってきます。

 

何回かお伝えしていますように、

ギター転売は薄利多売ではないので、

 

上記の様なギターを見つけた時には、

ギターの価格を上げることもありえます。

 

そんなギターを見つけるには、

テスト販売や、ギターの価値自体を

見極めるためのリサーチの方法を

身につけることが必要です。

 

しかし、これは、

やればやるだけ身につくので、

時間の経過とともに、解決されるはずの

内容です。

 

多くのセラーが、これを身につける前に

ギターが売れないと言うことで、

ギター転売自体を辞めてしまうので

これは、非常にもったいないことだと

感じています。

 

セミナーでは、稼げるギターを

見つけるリサーチの方法を

お伝えしています。

 

初めての方でも、

ギターのことをよくご存知なくても、

ギター転売で稼ぐ方法を

お伝えしています。

 

これは、セミナーに参加しないと

身につかないです。

 

6月のセミナーは、下記から登録

できます。

 

今週末は大阪で開催します

 

是非、都合をつけて会場へお越し下さい。

 

新大阪駅のスグ近くです。

 

セミナー参加登録

http://akinak.net/seminar/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です