日本で人気のギターと外国で人気のギターには違いがあるのか?

今日は、日本で人気のギターと外国で人気のギター、についてお話します。

ギター転売で扱うギターですが、日本で人気のあるギターと外国で人気のあるギターは同じなのでしょうか?

日本では、マーティンやギブソンが圧倒的に人気です。

特にマーティンのD-28、D-18, 000-28ECあたりは凄い人気で、価格にもよりますが、あっという間に売れてしまいます。

一方、マーティンギターはもともと米国がオリジナルであるため、eBay輸出では米国からの発注はあまりないです。

私の所に来るマーティンギターのカスタマーは欧州のことが多く、英国やフランスと言った国から発注が入ります。

また、外国からの問い合わせで多いのはSanta CruzやCollingsと言ったギターです。

これらのギターは、玉数も少なく、また高額であることから、値引き交渉が頻繁にあります。

これらのギターは人気ですので、あなたが無在庫販売を行っているのであれば、売り切れていないかどうかをきちんと確かめて下さいね。

もちろん、私は日本人セラーですから、日本のギターにも問い合わせが多く、日本のギターの人気が伺えます。

日本のギターで1番人気があるメーカーはヤイリです。

また、ヤマハもとっても人気があります。

1970-1980頃の日本のフォークソングブームの時に精算された、ヤイリやヤマハのギターは、程度がよければ、とても高値で取引されています。

これらのギターについては、外国人にもコレクターがおり、機種限定で探しているとの連絡を受けたことがあります。

日本のギターもバカにできないですね。

このように、日本と外国ではすこし違うギターが人気だったりします。

日本のギターを購入する若者は、安価さを求めてD-28 やD-18 を選んでいるようにも見えます。

店舗せどりをやろうとして、店舗に行くと、上記のSanta CruzやCollingsと言ったギターも、在庫している店舗もあります。

これらのギターは価格が高いものの、質が高いので、是非試奏して、音の特徴をつかんでおくと良いですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください