顧客リストの有効な使い方

今日は、

顧客リストの有効な使い方

について、お伝えします。

eBay輸出をやられている方は、
顧客リストが取れると思いますが、

なかなかこのリストを有効に
使えていない方が多いように
感じています。

別に使わなくてもギターが
どんどん売れれば
それはそれで良いのですが、

このリストを有効に活用することで
さらに売り上げは上がります。

1つは顧客リストに対して
ギターをオファーすることです。

この方法はリストマーケティングの
基本的な法則だと思います。

このリストで得られるものは、
大きな売り上げだと思います。

自分のところから
すでにギターを購入してくれているので
カスタマーと自分との間で
信頼関係が出来ており、
顧客はリピーターとなってくれる
可能性が高いです。

具体的には、ご自身で
ネットショップを構築して

ここに誘導すると良いわけです。

これなら、プラットフォームへの
手数料は省けます。

これって結構大きいですね。

また、私のようにメルマガを送っても
良いと思います。

これなら、確実に先方へ
情報が届くわけですから、
さらに強くオファーが出来るはずです。

この時、私が注意しているのは、
顧客の属性ごとにオファーする
ギターを変えると言うことです。

あるいは、全員に一度のオファーするなら
メールのタイトルに、
どの属性のギターのオファーなのか
記載することです。

ベーシストにエレキギターを
オファーしても非効率です。

アコギが欲しい人にはアコギのリストを
エレキが欲しい人には、エレキのリストを。

こうすることで
効率的に販売することが可能です。

ギターの販売の場合は、
顧客とのやり取りの中で
購入してくれたり、そうで無かったりが
繰り返されています。

ですから、個別相談に持ち込んで
上手くギターを成約させることが
望ましいと感じています。

わたしは、こんな感じで
顧客に対してセールスをやっています。

プラットフォームよりも安価で
しかも海外口座をお持ちなら、
そこへ直接送金してもらうことで
簡単に利益が得られます。

こんなシステムを利用すると
あんたの利益は倍増するはずです。

ギターが売れ出したら、
やってみると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です