海外のお店から取引オファーがあった

今日は、海外のお店からオファーがあった、についてお話します。

私はギター転売をやり始めて約1年ですが、今まで色々な方と取引をしてきました。

最も多いのは、個人で取引を希望されて、こちらがギターを探して販売するという形です。

また、半年くらい前から始めたeBay輸出でも、主に欧州を中心としたカスタマー個人にギターを販売する形となっています。

最近、面白い取引がありましたので、今日お話しますね。

それはオランダからですが、自分は楽器店をやっていて、ギターの仕入れに困っているから、おたくを仕入れ先にしてくれないかというオファーでした。

eBay輸出では私は、日本のセラー、つまりは、楽器店を営んでいることになっています。

ですから、仕入れ先になってもおかしくはない訳です。

ですが、私も、楽器店から、堂々と仕入れ先にしたいので取引させてほしいというオファーが、最初の連絡からあったのは初めてでした。

たいていは、ギター購入のオファーがあって、ふたを開けると楽器店だった、と言うことだったからです。

最初から、このように言ってくるのは、驚きでした。

正直、嬉しかったですが、責任も重大だと思いました。

価格もそんなに安くできないし、一番の問題はそれだけ回せるか、と言うことです。

新品のギターなら、どうやって仕入れようかと。

日本の楽器店より値段が高いわけだし。

たとえば、1本100万円のギターを何本も仕入れて、オランダに送ることは結構大変かも、と考えています。

でもなんとかしないと。

きっと、ここが正念場でしょうから、あれこれ考えていてもしかたないですからね。

うまくいって、更に儲けが出たら、またお知らせしますね。

ギター転売やっていてよかった!!といえるようになりたいですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください