新品商品で稼ぐためには?

今日は、

 

新品商品で稼ぐためには

 

について、お伝えします。

 

ギター転売では、

基本は、新品商品を扱わないことに

しています。

 

理由は簡単で、実際の楽器店には

価格的にかなわないからです。

 

差別化の観点から考えて、

新品商品と中古商品の違いは

どこにあるかというと、

 

新品商品は商品自体が同じなので、

商品で差別化出来ず、

 

価格でしか差別化ができない

ところにあります。

 

一方、中古品の場合は、

同じ年に、同じ場所で、

同じ人が作製しても、

1つずつ商品が異なります。

 

ですから、いわゆる

「中古1点物」となり、

商品ごとに差別化が可能となります。

 

このことが、ギター転売のように、

中古商品を上手く選んでやれば、

大きく稼ぐことができる理由と

なります。

 

では、新品商品は、どうやって

稼げば良いのでしょうか?

 

これは、小売りから仕入れて

小売り販売しているのでは、

なかなか上手く稼ぎ続けられないと

考えています。

 

もちろん稼ぐことの出来る商品は

多数存在するのですが、

 

全く知識の無い状態から、

稼ぎ続けることは、

正直、大きな苦労が伴います。

 

新品の商品価格はドンドン変わり、

あっという間に稼げなくなることが

通常です。

 

一方で、中古商品はvintage商品となれば、

価格は下がるどころか、

 

上がる商品も出てきて、

商品のことがわかっていれば、

稼ぎやすい商品となります。

 

新品商品で稼ぐためには、

価格で勝負するしかないので、

 

大量に仕入れて、価格を下げてもらうか、

あるいは卸から仕入れるしかないです。

 

通常ネットビジネスのように

個人事業主として、

ビジネスを展開している場合は、

 

独立した会社のように、

会社の概要を記した文書などがない

ために、

 

卸業者は販売先として

扱ってくれないことが普通です。

 

と言うことは、別ルートで卸会社を探すか、

あるいは、ニッチな分野で

卸価格で販売してくれる卸業者を

探すしかないです。

 

これは結構難しく、よく売れる商品では、なかなか適当な卸業者は

見つからないです。

 

わたしは、このことから、

新品商品の場合、

出来るだけ商品を絞って、

その商品に詳しくなり、

 

その商品から展開して、

販売するカテゴリーを決めるとよい

考えています。

 

商品自体は、ニッチな分野で

あるならば、

 

比較的簡単に、卸契約してくれるところも

あります。

 

その商品が売れるかどうかは、

テスト販売でわかるわけですから、

この手順を守って作業を続けると

良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください