トラブルを上手く解決する方法

今日は、

 

トラブルを上手く解決する方法

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていると、

様々なトラブルが出てくると思います。

 

たとえば、ギターの到着後、

商品が破損していた。

 

ギターが無くなってしまった。

 

多くの場合、セラーの金銭的、

精神的負担はとても大きいですね。

 

物販をやっていれば、リスクは

完全には回避できないです。

 

ですから、稼げるわけです。

 

リスクの無いところに

利益も無い、と考えています。

 

トラブルが出来るだけ起こらないように

リスクを回避するためには、

いくつかのやり方・考え方があります。

 

1つは、送時に保険をかけて送ること

 

金銭的には、かなり助かります。

 

ギターのような高額商品には、

必須だと考えています。

 

また、やって欲しいことは、

面倒がらずに、

カスタマーと何度も連絡を

取り合うことです。

 

楽しみにして待っていたギターが

破損していれば、

セラーよりもカスタマーの方が

精神的負担は大きいでしょう。

 

ですから、最初は返品だ、

返金だ・・・、と言った

けんかごしの返事、ばかりだと思います。

 

リスクを軽減する方法はありますが、

ゼロには出来ないので、

ここで、カスタマーとやり取りして、

出来るだけお互いが納得する方法を

話し合う(探す)べきです。

 

そのためには、こちらからも

どんどん提案をすべきだと

考えています。

 

たいていは、お金の話になります。

 

私が感じるのは、

 

「出来るだけ、partial refundで

対応するのが良いのではないか」

 

ということです。

 

商品を返品するとなると、

時間もお金も大きくかかります。

 

おそらく、返品時には、

こちらの想定している金額以上の負担が

セラーには来ます。

 

また、破損の場合は、戻ってきても

そのギターが売れるどうか

わからないですね。

 

こんなことを考えると、

私は出来るだけ、

手間・時間・お金・ストレス

を回避するために、

 

わたしは、

 

「時間的に最短での解決」

 

を求めます。

 

当然、赤字になるはずですから、

この取引での金銭的負担は

次回にまた稼げば良いわけですから、

保険金の回収などはすることにして、

早く解決する方がよいと感じています。

 

カスタマーに依頼することも

たくさんあると思います。

 

キチンと丁寧に連絡していれば、

たいていのことはやってくれます。

 

ここでカスタマーと、

けんかしてはダメです。

 

悪いフィードバックがつけば、

あなたのアカウントにも傷がつきます。

 

こう考えると、

カスタマーの話をよく聞いて、

全てを受け入れるわけではないですが、

 

ある程度のセラーの負担は

仕方ないと考えた方が、

結局は得策だと感じています。

 

いかがでしょうか、

あなたはどう考えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です