ギター販売時に最も問題となる部分

今日は、

 

ギター販売時に最も問題となる部分

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていて、

販売できない、あるいは

販売時に必ずカスタマーに

連絡しておかないといけない

確認すべき箇所があります。

 

それは、

 

ネックと電気系統

 

になります。

 

特にネックはアコースティックギター、

エレキギター、ベースギターのいずれでも

必ず確認が必要な箇所となります。

 

ネックに問題があるギターは、

演奏が出来ない場合もあり、

このようなギターを

仕入れてはいけないです。

 

ネック反りはもちろんのこと、

ネックのねじれ、元起きなど、

 

ネックのトラブルはたくさんあります。

 

カスタマーからの質問も、

 

ネックが反っていないか、

あるいはねじれていないか、

 

ネックの反りを調整する

トラスロッドに余裕はあるか、

 

などと言った質問がたびたび来ます。

 

回答はそれぞれの質問の内容にそって

答えればいいのですが、

 

重要なのは、

「演奏に問題がないかどうか」

 

これを明確に

カスタマーに伝えることです。

 

ネックが反っているギターは

ほとんど購入されないと

考えてよいです。

 

ですから仕入れるときには、

ここを必ずチェックしないと

いけないです。

 

エレキギターの場合は

ネック自体の長さが長いので、

反りや、ねじれは良く起こることであり、

仕入れの際に、よくわからなければ

必ず持っている方へ

問い合わせしてください。

 

次に電気系統ですが、

通常、無在庫販売でネットショップから

仕入れる場合には、

問題とならないことが多いです。

 

音が鳴るかどうか、ネットショップの方で

出荷時に調べているからです。

 

問題は個人売買、たとえば、

メルカリやヤフオクといった

プラットフォームで仕入れる時です。

 

出品説明文をよく読んで、

わかなければ、

あるいは気になる点がある場合には

必ず問い合わせしてくださいね。

 

もしも電気系統に問題があり、

それを連絡せずにカスタマーに

販売したときには、

 

大きな問題となり、

おそらくは返品となります。

 

これは、セラーの評価にも

大きな影響を及ぼしますので、

避けなければいけないと思います。

 

ギターを購入する人は

演奏することが目的の方が

ほぼ全員ですので、

 

演奏に問題が生じるギターは

販売する時に必ず確認して下さい。

 

これは基本的なことですが、

あまり考えずに

販売されている方も

おられると思います。

 

気をつけて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください