色々なトラブルとその対処の考え方

今日は、

 

色々なトラブルとその対処の考え方

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をはじめとした、

物販をやられている方は、

カスタマーとの間に

多くのトラブルを抱えたご経験が

あると思います。

 

商品の発送では、商品が無くなったり

あるいは、ダメージがあって、

 

返品や、返金になることを

何度か経験されたかたも

おられると思います。

 

人と接して、商品を販売していると

色々な事が起こりるのは、

仕方の無いことだと思います。

 

これをどう対処するかで、

その後のビジネスの考え方が

決まってくると感じています。

 

私は、ギターを扱っており、

色々なトラブルを経験しています。

 

どう考えてもこちらに落ち度のない

メチャクチャなこともあります。

 

最近販売したギターで、

おかしなことを言ってくるカスタマーが

いました。

 

違う商品を送ってきたと

主張してきています。

 

カスタマーから写真も

送ってきているのですが、

 

どう考えても、問題の無い、

入札されたギターを送っています。

 

このギターが気に入らないので、

全額返金、返品してほしい。

 

ギターの細部の写真が送られてきており、

何十年も前のギターなら

普通に起こるべき内容の写真でした。

 

破損していたり、

ギターが演奏できなかったりと

いうわけではありません。

 

私は、こんな場合は、

カスタマーと戦うよりも

 

たとえ利益が出なくても良いから

早く対処して、次のギターの販売に

移った方がよいと感じています。

 

ひどい場合には、大幅な赤字になります。

 

返品されても

赤字になることは覚悟しないと

いけないと思います。

 

新品のギターを購入する事を勧めたり、

もしも気になるところがあるのであれば、

事前に質問して、納得してから

購入して欲しいなどと言って良いと

思います。

 

いつまでもこのことに

関わっているよりも、

 

次のギターを販売した方が良いと

考えています。

 

ひとと関わって物を販売するのであれば、

これは仕方のないことだと思います。

 

もしも、あなたが、自分の商品販売で

何かのトラブルに巻き込まれていたり、

 

上手くいかないことがあったら、

自分のまわりの

同じ事をやっている仲間に

相談してみるとよいと思います。

 

きっと最適な解決策が見つかると

思います。

 

いつまでもこだわらずに、

次の展開を考えるべきだと

思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です