無在庫販売か有在庫販売か

今日は、

 

無在庫販売か有在庫販売か?

 

について、お伝えします。

 

ギターの販売に関して、

無在庫販売と有在庫販売の

いずれが適しているのか?

 

これはどのように考えると

良いのでしょうか?

 

無在庫販売のメリットは、

 

資金がなくても商品を出品することが

可能であること。

 

同じ理由でたくさんのギターを

出品することが可能であること。

 

など、

 

「資金がなくても実践が可能」

 

と言う点でとても優れており、

 

このため、

無在庫販売でギター転売を

やっておられる方が

非常に多いと思います。

 

その一方で、無在庫販売の

デメリットは

 

売れた商品がすでに

ネットショップになく、

いつも、いつも、

売れても販売できないこと。

 

配送までの期間が、

仕入れに時間を要するため、

遅くなること。

 

実際に手許にギターがないので、

質問された時に

ギターの詳細についてわからないこと。

 

などが考えられます。

 

では、いずれの方法が稼げると

考えられるのでしょうか?

 

それは、「有在庫販売」です。

 

有在庫販売の方が確実にかせげます。

 

理由は、いくつもありますが、

最も大きな理由が、

 

売れるギターがわかっていれば、

確実に高額で販売できること。

 

これが、大きいです。

 

無在庫販売では、人気のあるギターは

スグに売れてしまいます。

 

その結果、売れたのにギターがない。

 

こういう状況に陥りやすいです。

 

しかし、実際には

資金の問題から無在庫販売でないと

ギターを出品することができないと

思います。

 

そのため、有在庫販売は、

限られた、資金がある方のみに

許された販売方法ではないか

と考えられています。

 

私から、どのように考えれば良いかを

お伝えするとするならば、

 

無在庫販売と有在庫販売を

併用して、同時に行うことで

大きく稼げる。

 

だと考えています。

 

有在庫販売は、リサーチの結果、

売れるギターに特化して仕入れれば

良いわけです。

 

必ずしも、仕入れたギターが

すぐに売れる訳ではありませんが、

 

人気のあるギターは短期間のうちに

売れるため、

 

資金の回収が早いと考えています。

 

さらに、人気のあるギターは

価格が多少高くても

売れてしまう結果となり、

 

そのため、利益率が大きくなります。

 

一方で、無在庫販売の場合は、

人気のあるギターは

自分のお店からではなく、

他のお店から売れることも多く、

 

売れた(入札された)ギターの数に

比較して、

 

実際に販売できた数が少ないため、

稼げる金額も少なくなります。

 

ですから、上手くリサーチして、

人気のある売れやすいギターがわかれば、

そのギターを仕入れることです。

 

そして、無在庫販売のギターを数多く出品することです。

 

どのギターが売れるかどうかは、

テスト販売やadvanced researchで

検索するとわかります。

 

このバランスをうまくとることで、

大きく稼ぐことが可能です。

 

ギター転売を始めた最初は、

なかなかこうは行かないでしょうから、

無在庫販売の比率を大きくすると

良いと思います。

 

慣れてくるに従って、有在庫販売の割合を

増やしていく。

 

私の場合は、常時300~400万円位の

有在庫ギターを有しており、

 

このギターをドンドン販売することで、

大きな利益を取っています。

 

あなたも、あなたの資金を

良く考えながら、

 

無在庫販売と有在庫販売の

比率を調整し、

大きく稼いで欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください