ギターをオファーして販売する方法

今日は、

 

ギターをオファーして販売する方法

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で稼ごうとお考えの方は

少しでも売り上げをあげていきたいと

考えておられると思います。

 

売り上げをあげる方法は

たくさんあります。

 

もっと、細かく言うと、

 

セラーのレベルにより、また

eBay輸出のアカウントのレベルにより

 

売り上げをあげる方法は異なっています。

 

たとえば、これからeBay輸出を

始めようとお考えの方にとって、

 

売り上げを上げるために

最も重要なことは、

 

リミットアップやセラーの評価数

 

これらを上げていくことです。

 

初級者~中級者レベルだと

上記に加えて、

 

出品数を増やすこと。

 

売れる、かせげるギターのリサーチ。

 

だと思います。

 

さらに、中級者~上級者レベルになると、

 

仕組み化による作業の外注化。

 

オファーによるリストマーケティング。

 

ここらあたりが重要と

なってくると思います。

 

オファーのやり方ですが、

多くの方が間違っていると

感じているのは、

 

「一方的にオファーしていること」

 

ではないかと、考えています。

 

オファーのチャンスは、

 

無在庫販売や問い合わせで

ギターが無かった時

 

リストがとれていて、

新着ギターをオファーする時

 

こんな時だと思います。

 

ここで、よく考えていただきたいことは、

 

「カスタマーが欲しがっているギターは

一体何なのか?」

 

です。

 

問い合わせや購入されたギターを

よく見て、考えて欲しいです。

 

価格、ブランド名やモデル名、カラー、

製造年、製造国・・・

 

さらには、その方のやっている音楽、

好きなミュージシャンなど、

 

考えていただくことはたくさんあると

思います。

 

ここが不十分だと、オファーしても

あっさりと断られるのです。

 

基本は、そのカスタマーが

興味を持っているギターを

そのカスタマーの予算に合わせて

オファーすることだと考えています。

 

自分がカスタマーの立場に

なってみたときに、購入したいギターを

オファーすることです。

 

カスタマーにより、

購入動機の優先順位がことなります。

 

ある方は、モデルが重要だったり、

ある方は製造年や製造国が

大切だったりします。

 

それはやりとりしているうちに

わかることが多いです。

 

上手くオファーして

売り上げをあげて欲しいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください