カスタマーの選ぶギターとは

今日は、

 

カスタマーの選ぶギターとは

 

について、お伝えします。

 

多くのギターセラーにとって

売れるギターを選ぶことが

ある意味、目標になっていると思います。

 

ところが、実際に売れるギターを

見つけることは結構難しかったりします。

 

どこに注目して、売れるギターを

見つけると良いのでしょうか?

 

まず1つには、シグネイチャーモデルです。

 

人気バンドのギタリストの使っている

シグネイチャーモデルは

 

たとえスグに売れなくても、時間の問題で

売れて行きます。

 

よく私の所に、言ってこられる方が

いらっしゃいますが、

 

「シグネイチャーモデルなのに

なかなか売れない」

 

これについては、絶対はないですが、

 

シグネイチャーモデルは、

売れて行くギターの1つだと考えています。

 

ですから、無在庫販売ではなく、

在庫販売でシグネイチャーモデルを

扱えば、大きく稼げるワケです。

 

もちろん、シグネイチャーモデルならば

何でも売れるかと言うと、

そういうわけではなく、

 

当たり前ですが、

状態が良くて、

しかも価格の安価なギターから

売れていきます。

 

シグネイチャーモデルで状態の良い

安価なギターがあれば、

 

間違いなく売れるので、

早めに仕入れて在庫する方が

間違いないと思います。

 

なかには、特定のシグネイチャーモデルで

中古の玉数が少ないギターもあります。

 

こういったギターは、見つけたら

仕入れておいたほうが間違いないですね。

 

このへんの勘も

ギター転売を続けていると

身についてきますね。

 

あとは、vintageギターですね。

 

vintageギターは玉数が

少ないこともあり、

 

価格が非常に高額である事が多いです。

 

ところが、価格が高くても

vintageギターは結構な割合で

売れていきます。

 

これは、ギター自体、趣味性が高く、

人気のあるモデルは

多くの方が欲しいと考えていることから、

 

カスタマーが見つけたら、買っていく。

 

こんな傾向が考えられます。

 

ギターは趣味性が高いので

売れるギターは、高額でも

どんどん売れるということです。

 

ここらを理解して、本当に

コレは売れる!!

というギターを見つけると良いです。

 

最初はなかなか難しいですが、

ギター転売をやっていますと

この能力は身についてきます。

 

やめずに継続することですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です