無在庫販売にリスクはないのか?

今日は、

 

無在庫販売にリスクはないのか?

 

について、お伝えします。

 

多くの方が、無在庫販売でギターを

出品されていると思います。

 

これは、ギターに限った話ではなく、

いわゆる転売で利益を得ようと

お考えの方は、

 

たいていの方が

無在庫販売で商品を出品して

利益を得ていることが考えられます。

 

無在庫販売は、

売れてから商品を仕入れるために

リスクがないと考えられています。

 

実際には、どうなのでしょうか?

 

本当に無在庫販売には

リスクはないのでしょうか?

 

私が考えるに、

無在庫販売にもリスクはあります。

 

たとえば、無在庫販売の場合は

商品を仕入れずに販売するわけですから

 

いざ商品が売れた時に商品が無いことも

十分あり得ます。

 

また、出品時にネットショップの画像を

転用するので、

 

いくつかのネットショップでは、

自分の店舗の写真を無断使用したとして、

脅迫めいたクレームの連絡を

してくることがあります。

 

こんな感じで、無在庫販売でも

いくつかのリスクはあります。

 

無在庫販売でリスクがないのは、

資金がなくても

商品を販売できる点です。

 

これは、これでメリットはあるのですが、

ネットショップからのクレームや

場合によっては、このことが、

アカウントの停止につながる

と言った、大きなリスクもあります。

 

私は、リスクがないと稼げないと

考えています。

 

ですから、ある意味、

リスクを冒して作業することを

オススメします。

 

ただし、コレにも限度があります。

 

ネットショップからクレームが来て、

それがeBayに通報されれば、

アカウントが停止することも

ありますから

気をつけないといけないです。

 

リスクがないと考えられている

無在庫販売も

こんなところにリスクがあることを

覚えておいて欲しいです。

 

私のギター販売の仲間たちの間では、

このような、出品してはいけない

ネットショップの情報を

シェアすることによって

 

リスクを出来るだけ下げています。

 

そんな情報が知りたければ、

あなたも仲間に入って

一緒にギター転売をやることを

オススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です