後納契約のおはなし

今日は、

 

後納契約のおはなし

 

について、お伝えします。

 

ギターやエフェクターを海外へ

発送する際に、キャリアーとして

日本郵便(郵便局)をお使いでしょうか?

 

日本郵便は、配送個数が多ければ、

「料金後納」契約ができます。

 

http://www.post.japanpost.jp/fee/how_to_pay/deferred_pay/

 

これだと、月末にまとめて費用を

指定口座から引き落とされるため、

 

その都度お金を支払わなくてよいという

メリットがあります。

 

たとえば、サラリーマンの方は、

自宅からギターや商品を配送に

出していると思います。

 

平日の配送依頼は、

日中ご自宅にいないので

 

なかなか難しいですね。

 

私は、後納契約しているため、

 

玄関先に前日の夜までに梱包し、

ラベルや後納集荷票などを貼り付けて

当日の朝、出して、早い時間に

集荷にきてもらったり

することもやっています。

 

ご家族にお願いすることも

できますね。

 

後納契約していると、

これが可能となるんです。

 

多くの場合は、外注さんにお願いして

発送しているのですが、

 

無在庫販売で

自分で弾いてみたいギターが

売れた時には、

自宅に配送してもらって

楽しんでから、配送しています。

 

これもギター好きならば、

とてもドキドキする経験だと

思います。

 

時々、「ギター弾き比べ」

をやっています。

 

人気のある、注目されているギターを

弾いてみたいと思うのは、

多くのギタープレイヤーにとっては

共通だと思います。

 

ところで、ギターをはじめとした

商品の発送では、郵便局の方に

取りに来てもらっていますでしょうか?

 

ギターの場合は大きいですし、

取りに来てもらうことをオススメします。

 

郵便局のポータルサイトから

ネット上で予約、時間指定もできますね。

 

https://login.post.japanpost.jp/aew/page/portalLogin

 

土日でも、お盆・お正月でも、いつでも

ギター1本から取りに来てくれますから

とてもたすかりますね。

 

その他にゆうパックや、小型包装物も

後納で取りに来てくれますので、

 

後納契約や集荷依頼は

ぜひやった方がいいですよ。

 

私は、ネットビジネスを始めた当初、

こんな便利なシステムがあることを

知らなかったので、

 

毎日梱包して、満員電車で職場まで持って

出勤していました。

 

昼休みに郵便局に行って・・・

 

これは、懐かしい(笑)経験ですが、

みなさんはこんなコトしなくても

いいですので、

 

効率よく物販をやってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です