ギターの修理と販売方法

今日は、

 

ギターの修理と販売方法

 

について、お伝えします。

 

ヤフオクなどでギターを安価に仕入れて、

販売することについては、

 

どう考えれば良いのでしょうか?

 

ネットショップからの仕入れだと、

ほぼ問題は無いのですが、

 

ヤフオクなどのように、

個人からの購入する場合は、

なかには、程度の悪いギターもあります。

 

キチンと内容のわかった、あるいは

知識を持って購入(仕入れ)することを

オススメしますが、

 

演奏上や構造上、

明らかに問題のあるギターを

仕入れることはオススメできないです。

 

私たちのやっている「転売」は、

商品の横流しが基本だと考えています。

 

ですから、修理して販売するとなると

そこに費用が発生してしまい、

利益が減少することから、

 

転売すること自体に意味が無くなる

ことが多いと考えています。

 

特に致命的な問題点を抱えたギターの

仕入れは絶対に避けるべきです。

 

たとえば、

 

ギターの木部が割れている。

 

ネックが曲がっていて、修正出来ない。

 

エレキギターの場合、電気系統に

問題がある。

 

金属部分の劣化が激しいもの。

 

ここらあたりは仕入れてはいけないと

感じています。

 

また、修理するにしても、

 

自分で修理に自信があり、

簡単にできるもの以外なら、

 

私はオススメしないです。

 

ギターは趣味の製品ですから、

人によっては、細部までこだわる人が

おられます。

 

ですから、下手に修理すると、

商品価値がなくなってしまうと

考えているからです。

 

一方で、とても貴重なギターや

珍しいギターで全く流通していない

ギターの場合は、商品価値から判断して、

購入を検討します。

 

こういったギターは、

プレイヤーではなくて、コレクターの方が

購入されると考えているからです。

 

お金をかけても高額な利益が期待できる

可能性がある楽器の場合は、

仕入れを検討します。

 

ですが、楽器のことについて

あまり詳しくない方は、

無理して仕入れる必要はないと

思います。

 

楽器という、趣味の製品の特性上、

そのギターに価値を

見いだせるかどうかは、

 

購入される方次第だと思います。

 

もしも、修理が必要なギターを

お持ちの場合は、

 

カスタマーにキチンと説明して

納得していただいた上で

購入してもらうことを

オススメします。

 

やり取りして、

納得して購入していただくことは

必須だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です