価格相場リストの目的

今日は、

 

価格相場リストの目的

 

について、お伝えします。

 

転売を始めようとして、

いろいろなことをやり始めるわけですが、

 

どんな商品が良いのか、もっと言うなら、

どんなカテゴリーの商品を

扱うのが良いのか?

 

これがわからずに、

長い間続けているのにも関わらず、

ほとんど稼げていない方が多いと

感じています。

 

まずは絞ることから始めて下さい。

 

そして、販売するカテゴリーが決まったら、

どんな商品を仕入れるのか、

仕入れ値はいくらなのか、

 

いくらで仕入れて

いくらで売れば、稼げるのか?

 

この転売の基本の基本を

やり進めて下さい。

 

転売で必要になるのが、

この商品をいくらで仕入れると

いくら稼げるのか?

 

これがすぐに頭に入ってくるように

ならないとダメです。

 

これを実現させるのが、

 

価格相場リスト

 

なのです。

 

このリストですが、

作成方法をアドバイスしても、

ピント外れのリスト作成を

されている方が多いです。

 

おさらいすると・・・

 

このリストは、

たとえば、ヤフオクで商品を

見つけた時に、

 

この商品をこの価格で仕入れたら

10000円稼げる。

 

みたいな、

「転売商品の実勢価格を頭に入れる」

 

ための物です。

 

商品がeBayなら、

いくらで売れているのかを

調べる物ではないです。

 

このリストを作り終えたときに

あなたが、

 

このギターが、

8万円だったら購入するが、

9.5万円だったら買わないね。

 

このギター、安いから仕入れた方がいいね。

 

ということが、スグにわかるためのもの

なのです。

 

これをブランド毎に作成するのです。

 

この時も、

 

「絞って作成すること」

 

です。

 

本当に絞ることはとても大切です。

 

なぜかというと、

たくさんランダムにやると、

全く頭に入らないからです。

 

集中して、1つのブランドで

相場価格が頭に入ってから、

 

次のブランドに移ってください。

 

広げてはダメです。

 

絞ることです。

 

これであなたは

プロのセラーとなれますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です