売れるギターの探し方

今日は、

 

売れるギターの探し方

 

について、お伝えします。

 

ギターの販売をしていて、

多くの方が感じていることは

なかなかギターが売れない。

 

これは、絶対ではないですが、

売れるギターが出品されていないことが

理由ではないでしょうか。

 

売れるギターの探し方は、

いくつかあります。

 

1つは、探し方ではないですが、

定番ギターやシグネイチャーモデルを

出品していくことです。

 

定番ギターはエレキギターなら

レスポールやストラトキャスターに

なりますね。

 

アコギならDタイプのギターや

000タイプのギターになります。

 

探し方は、売れたギターから

探すと良いです。

 

ギター転売をやられている方は

気がついておられると思いますが、

 

多くのカスタマーが購入したい、

人気のあるギターは

共通していることが多いです。

 

それは、価格やブランド名、

色や状態などの色々な面から見て、

 

このギターがイイ!って感じるギターが

多くの方で共通していると言うことです。

 

ということは、過去に売れたギターだけを

リストアップして出品していくことは、

 

売れるギターを出品する

近道になりますね。

 

eBay輸出であれば、

アドバンスドリサーチや

 

ヤフオクなら、オークファンで

調べていくと良いわけです。

 

これをやらずに数打ちゃ当たるで、

ランダムにギターを出品して行く方法も

考えられます。

 

ただ、この方法ですと、

出品数が多くないとなかなかギターが

売れないです。

 

ギターは趣味の製品ですので、

その方が好きなバンドや

ミュージシャンが異なるように、

 

売れるギターも想定していないギターも

たくさんあります。

 

私のところから購入してくれる方も

私が今まで聞いたことがないブランドの

ギターばかりを探している方も

たくさんおられますから、

 

その意味では、上記の様に

ランダムに出品することも

ある意味有効だといえますね。

 

ランダムに出品するのであれば、

外注化して、外注さんに

出品してもらった方がよいです。

 

出品は結構大変ですので、

自分でやっていては

たくさん出品出来ないからですね。

 

このような、いくつかの方法を

ためしてみるとよいです。

 

そして、この方法が自分には最適だ

と思うやり方が見つかれば、

さらにその方法をブラッシュアップして、

売り上げをあげるような施策をとると

良いと思います。

 

私はこんな感じでやっています。

 

いろいろな事を経験していくうちに

ギターが売れていくようになります。

 

そのためには、継続することです。

 

最低でも3か月。

 

6か月くらいすれば、

いままで全く売れなかった方でも

ギターが売れて行くはずです。

 

これは、間違いないことで、

多くのセラーで実証済みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください