どんなギターを出品すると良いのか

今日は、

 

どんなギターを出品すると良いのか

 

について、お伝えします。

 

よく質問される内容に、

 

「どんなギターを

出品すると良いですか?」

 

という質問があります。

 

これは、まずは、

売れるギターをリサーチして、

出品してください。

 

と言うような、

 

申し訳ありませんが、

あいまいなお返事しか

お答えできないです、

 

確かに売れるギターと言うものは

あります。

 

ですが、どのギターが売れるかは

100%、事前にはわからないのです。

 

売れるギターは、定番ギターだったり

シグネイチャーモデルだったりします。

 

だからといって、あるギターを

出品したら、

そのギターが絶対売れるとは

言い切れないじゃないですか。

 

売れやすい、多くのカスタマーから

注目されているギターが

売れやすいと言うことになります。

 

これは、間違いないのですが、

だからといって、あるギターが

絶対に売れるとは言い切れないです。

 

ですから、私は、

売れるギター、稼げるギターはありますが、

そんなギターを見つけたら、

無在庫販売で結構ですので、出品されると

良いと思うのです。

 

そうすれば、売れる可能性が高いわけで

そのようなギターが選ばれる可能性が

高いと考えています。

 

実際に私は、毎日ギターが売れていますが、

このギターは売れるだろうな・・・

 

このように感じるギターが売れることもありますし、

 

全く予想していなかったギターが

売れることもあります。

 

また、PVやwatchingが

たくさん入っていて

売れそうなギターが売れないことも

あります。

 

一方で、ほとんどPVやwatchingから

注目されていないギターが

いきなり売れることもあります。

 

ですので、

ギターの売れやすさはありますが、

 

どんなギターでも必ず売れるとは

言い切れないですね。

 

ですから、出品するギターも

出来るだけたくさんの数を

出品することをオススメします。

 

私がお伝えしたいことは、

定番ギターは確かに売れやすい、

 

でも、それ以外のギターも

売れることがある。

 

だからギターの出品数を

できるだけ多くして、

 

売れる可能性を上げた方が、

効率的にギターが販売できる。

 

ということです。

 

さらに、売れやすさは、

 

ギターの出品価格

 

あなたのセラーとしての評価

 

あなたの過去の販売履歴などで

大きく変わってきます。

 

ですから、ギターが売れないと言って

辞めてしまわずに、

自分のアカウントを育てて

販売を継続することを

オススメします。

 

ギターの販売を3か月もやっていれば、

徐々にあなたのアカウントから

売れるようになるはずです。

 

これは、私のまわりの多くのセラーで

経験済みのことですので、

ほぼ間違いないと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です