古いギターを扱う場合の注意点

今日は、

 

古いギターを扱う場合の注意点

 

について、お伝えします。

 

古いギターを扱うときには、どんな点に

気をつけると良いのでしょうか。

 

まず、気をつけたいのが、

演奏上で問題になる点があるかどうか

だと思います。

 

ギターは演奏できて初めて価値があると

言っても過言ではないと思いますので、

 

ネックが曲がっていたり、

エレキギターであれば、

電気系統に問題があるギターは

避けるべきだと思います。

 

また、古いギターの場合は、

木部が割れていたり

剥がれていたりすることがあります。

 

このような、

ギターにとって致命的な状態であれば、

仕入れはしない方が賢明です。

 

あと、忘れがちなのは、

トラスロッドによりネックの調整が

出来るかどうかの確認、

 

ペグがスムーズに作動するかどうか、

 

フレットの減り具合、

 

エレキギターであれば、

金属パーツのくすみ具合、

 

アコギであれば、

ブレイシングの剥がれ、

 

ボディー塗装のクラッキングの有無

 

おおよそ、これらのことを

チェックしてみると良いです。

 

多くのカスタマーは、

ギターを購入してから

 

補修して演奏に使おうと

考えていることが多いので、

 

追加の写真や細かい情報を

聞いてくることがほとんどです。

 

ある程度のギターの知識が

求められますね。

 

そして、最後に、セラーの意見を

求められることが多いです。

 

このギターは、製造年から考えて

状態が良いかどうか、

セラーの印象が求められますね。

 

古いギターを扱う場合は、

今日お話した点について、

 

何の事なのか理解出来る

レベルになっていることが

望ましいです。

 

一度覚えてしまえば難しくはないので、

知識としてたくわえて置くことを

オススメします。

 

わたしは、古いギターを所有することは、

カスタマーにとって、

とても重要なことであり、

ワクワクすることだと考えていますので、

 

購入されてから、

こんなハズじゃなかった・・・

 

みたいな印象を持たれないように、

しっかりとギターの説明を

すべきだと思います。

 

ギター自体もとても高額になると

思いますので、

 

楽しみにしているカスタマーを

裏切らないようにしたいと

心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください