ギターの価格

今日は、

 

ギターの価格

 

について、お伝えします。

 

本当に、様々なギターが存在し、

ギターの価格については、多種多様です。

 

中古ギターの価格の付け方ですが、

主としてギターの

 

製造年、製造国、そして、状態によって

価格が設定されているように感じます。

 

特に、ギターの製造年は重要です。

 

一般的ですが、ギターは

製造年が古ければ、古いほど

価格が高いことが普通です。

 

古いギターは木が乾燥して

良い音がするものが多いので、

価格が高くなっています。

 

よく言う、ビンテージギターが

これに相当しますね。

 

それと、数の少ない、貴重なモデルは

とても価格が高いです。

 

シグネイチャーモデルや限定生産品、

ミュージシャンの遺品などのように

このギターしかないもの、

 

これらは非常に価格が高くなります。

 

また、有名なブランドで、

すでに製造が終了しているモデルも、

価格が高いことが多いです。

 

このようなギターを見つけたら、

是非、仕入れてみてください。

 

無在庫販売でギター転売を

やられている方が多いと思いますが、

 

本当に稼げるのは、有在庫販売だと

考えています。

 

無在庫販売では、売れた時に

商品がないことも多く、

 

確実に売れる、人気のあるブランドや

モデルは、

 

無在庫販売よりも

有在庫販売の方がよいですね。

 

このような有在庫販売をやるギターは、

価格を上げて販売することが

よくあります。

 

価格を上げても売れるということです。

 

場合によっては、同じタイプのギターを

何本も仕入れることがあります。

 

仕入れて、価格を上げて販売しても、

きっちり売れるため、

とても利益が取れますね。

 

こんなギターが見つけることが

できるようになれば、最強です。

 

無在庫販売は、どうしても

限界があるのです。

 

できれば、すべてのギターを

有在庫販売にしたいところなのですが、

 

なかなかそうも行かないですね。

 

あなたが、ギター転売に慣れてきて、

売れるギターがわかってきたら、

 

ぜひ、有在庫販売をやってみてください。

 

そうすれば、価格を上げて販売しても、

売れるギターがたくさんあることに

気がつくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください