どうやってギターを選ぶのか

今日は、

 

どうやってギターを選ぶのか

 

について、お伝えします。

 

今までに、何回かお話してきましたが、

売れるギター、稼げるギターを

どうやって選んだら良いのか、

 

そのやり方について、説明したいと

思います。

 

私のところに

問い合わせしてこられる方で、

誤解されている方が多いので、

説明させていただきます。

 

本当に全く初めて、

ギター転売をやられる方は、

 

ご自身の知っている、あるいは

ご自身の好きなミュージシャンの

使っているギターを、

まずは出品してみてください。

 

そのために、ギターの購入(在庫)が

必要なら、無在庫販売をオススメします。

 

そして、そのギターがどれほど人気なのか、

問い合わせがあるのか、

 

調べてみるとよいです。

 

ギターは趣味の製品ですので、

人気のあるギターは

すぐに売れてしまいます。

 

ですから、あなたがギターを出品すれば、

そのギターに人気があるかどうかは、

すぐにでもわかるのです。

 

そして、ギターを仕入れるとき、

そのギターがいくらだったら

仕入れても良いか、

 

仕入れ価格を頭に入れる目的で

 

「価格相場リスト」を

 

作成してみてください。

 

ここで、多くの方が間違っているのが、

 

仕入れ価格を頭に入れるという

本来の目的が

間違って理解されていると言うことです。

 

販売価格を調べて

リストを作成するのではなく、

 

いくらで仕入れれば、

稼げるかを調べる目的で

リストを作成します。

 

具体的には、たとえば、

ヤフオクからギターを仕入れると

想定すると、

 

ターゲットのギターがヤフオクで

いくらで落札されているのか、

これを調べると言うことです。

 

ここで活躍するのが、

オークファンというサイトです。

 

ここでは、無料で直近の

ヤフオクの落札価格が入手可能です。

 

この価格とギターの名前、製造年、

特徴をエクセルなどにリスト化します。

 

ギターのブランド名、モデル名で

ソートできる機能をつけると良いです。

 

こうやって、仕入れ時の価格を

頭に入れるのです。

 

仕入れ時の価格が頭に入ると、

自分がリスト化したギターを

見つけた時に、

 

このギターをいくらまでで仕入れれば、

どのくらい稼げるか、わかるのです。

 

これを作成してみてください。

 

このように勉強(?)していくうちに、

ギターのブランド名や、モデル名が

自然と頭に入ってきます。

 

そして、実際に仕入れて、

出品していくうちに

だんだんいろいろなことがわかってきて、

 

ギターがうれだすのです。

 

もしも、資金に余裕がないのでしたら、

無在庫販売をやってみることです。

 

このときに、気をつけないと

いけないことは、

 

クレジットカードがあって、

仕入れ資金は

実際に売れたギターの金額の

2倍くらいあること。

 

無在庫販売では出品してはいけない

ショップやブランドがあるので、

それをおさえておくこと。

 

などになります。

 

実際に動かしてみて、わからないことは、

知っている方、できている方に

質問してみるとよいです。

 

このような、最初は地道な作業を

やってほしいのです。

 

この作業をやらずに、わたしのところに、

 

「このギターを仕入れたら稼げますか?」

 

こんな問い合わせをしてこられる方が、

後を絶たないです。

 

お教えすることはできますが、

これでは、

次にご自身で稼げるギターを

見つけることはできないです。

 

もしもあなたが、

転売で稼ぎたいのであれば、

どんなカテゴリーの商品でも、

 

この商品を仕入れたら

稼ぐことができるのか・・・

 

ということがわからないとダメなのです。

 

どんな商品でも

これをやらないとやってほしいのです。

 

あなたが店舗仕入れするときのことを

考えてみてください。

 

価格を見て、仕入れる商品がわからないと

仕入れられないですよね?

 

そうなんです。

 

このやり方を身につけないと

稼ぐことはできないのです。

 

やってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください