どのプラットフォームがいいのか

今日は、

 

どのプラットフォームがいいのか

 

について、お伝えします。

 

最近、私は、ほぼ海外へ向けて

ギターを販売しています。

 

その方法はいろいろありますが、

どんなプラットフォームが

効率的でしょうか?

 

1つは、私も、皆さんも行っている

eBay輸出ですね。

 

中古品の販売で、しかも海外へ向けて

となると、

 

eBay輸出は、

集客の必要がないという点で

とても優れていると思います。

 

私はAmazon輸出もやっているのですが、

Amazon輸出とeBay輸出は、

 

いずれのプラットフォームでも

集客の必要がなく、

 

海外へ向けての販売という意味では

同じですが、

 

Amazon輸出は新品商品に強いこと、

また、eBay輸出は

オークションサイトでもあることから、

中古品にも強いことがあげられます。

 

ですから、私のように、中古1点物の

ギターを扱うのには、eBay輸出が

向いているわけです。

 

Amazon輸出で新品ギターの販売も

やったことがありますが、

 

こちらでもギターを販売することが

可能です。

 

ですが、Amazon輸出は新品商品を

大量に販売することに向いており、

 

ギターのような趣味の製品の

販売に関しては、

 

ASINに縛られている

Amazon輸出よりも

 

ひとつずつ丁寧に販売する

eBay輸出の方が向いているように

感じます。

 

そのほかの販売方法としては、

自身でネットショップをもつこと、

あるいはFacebook pageでの販売

考えられます。

 

Facebook pageでの販売は、

日本ではあまり

なじみがないのかもしれないですが、

 

海外、特に米国に対しては、

とても有効です。

 

日本人は、商品購入に関しては、

国内のAmazonを使うことが多い

のではないかと思います。

 

Facebookは個人の情報交換に

用いていると思います。

 

ところが、実際にやってみると

Facebook pageでの販売は、

海外向けには、

なかなか良いように思います。

 

問題は認知度と集客です。

 

これは、eBay輸出のページを使って

自分が優れたギターセラーであることを

示すことも、一つのやり方だと

思います。

 

一方、国内でのギターの販売も、

忘れないでやっていただければと

思います。

 

国内はいろいろな意味でラクです。

 

しかし、競合相手が多いこと、

あるいは、対象が日本人であることが

ほとんどであることから、

 

細かい説明や、

コメントを求められることも多く、

結構、それはそれで大変です。

 

たとえば、ヤフオクですと、

たくさん質問が来て

私は、わからない点については、

調べながら回答しています。

 

こんなことを考えてみると、

いろいろなプラットフォームでの

販売が可能ですが、

 

まずは、どのプラットフォームで

やって行くのかを、よくお考えいただいて、

 

自分に合ったプラットフォームで

販売していくことが重要だと

考えています。

 

たとえば、英語が不得意であり、

カスタマーとのやりとりが

うまくできないのであれば、

 

輸出・輸入といったプラットフォームで

販売することは、

すこし辛いかもしれないですね。

 

また、時間のないサラリーマンが

輸出・輸入をやるよりも、

日本語でできる国内転売の方が、

簡単かもしれないです。

 

あなたにメンターの方が

おられるのであれば、

 

どのプラットフォームで

やり進めることが良いのか、

相談してみると良いと思います。

 

私は、物販を輸出からスタートしました。

 

それは、たまたま書店で手にした書籍が

Amazon輸出の書籍だったので、

 

まずは、Amazon輸出から始めましたが、

あなたも、何かのきっかけから

スタートすると良いと思います。

 

どのプラットフォームでやるにせよ、

最低でも3ヶ月、

できれば6ヶ月はやらないと、

 

なかなか成果は出ないですので、

頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です