ギターをどんどんオファーしよう

今日は、

 

ギターをどんどんオファーしよう

 

について、お伝えします。

 

あなたは、無在庫販売でギターを

販売していますか?

 

無在庫販売だと、ギターが売れた時に

ネットショップにギターの在庫が

ないことがあります。

 

こんな場合に、あなたは

どうしていますか?

 

もしかすると、単に

 

「すいません、

ギターの在庫がありませんでしたので、

キャンセルさせてください。」

 

と伝えていませんか?

 

こんな場合は、キャンセルと同時に

新しいギターのオファーを

すると良いですね。

 

具体的には、そのカスタマーが購入した

ギターと全く同じか、あるいは

非常に類似しているギターを

 

全く同じ価格か、あるいは

やや異なる価格で

オファーすると良いですね。

 

できれば、安価な方が

受け入れられ安いのですが、

 

ギターの種類にもよりますが、

1~2万円程度ですと、

高くても、「交換」という形で

購入してくれることも結構多いです。

 

その時には、まずは、ギターを探してから

先方のカスタマーに連絡します。

 

写真やギターのスペックについても

連絡してくださいね。

 

少しだけ、英語ができれば、

このオファーは可能です。

 

ギターの販売は、カスタマーと

仲良くなるところからスタートします。

 

これは、メールでのやりとりから

発生することが普通です。

 

ですから、上記のような

オファーも含めて、

カスタマーとは、できるだけ早く

コミュニケーションをとるのが

有効です。

 

よくわからなければ、

カスタマーの気に入ったギターを

先方に聞くと良いですね。

 

これを行うことで、

効率的にギターをオファーすることが

可能となります。

 

カスタマー側からしてみれば、

自分のほしいギターを

やっとの思いで落札した訳ですから、

 

そのギターの在庫がなかった

という理由で購入できないのは、

非常に残念なことだと思います。

 

無在庫販売の良さは、資金がなくても

ギターを販売できることですが、

 

新品製品とことなり、中古1点物の

販売では、このように売れてしまって

在庫がないというリスクもあります。

 

リスクをとって稼ぐというスタンス

やらないと無在庫販売は厳しいと

思います。

 

あなたもどんどんオファーを

やってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください