変わったギターは売れにくいのか

今日は、

 

変わったギターは売れにくいのか?

 

について、お伝えします。

 

エレキギターであれば、

定番のレスポールやテレキャスター

といったギターは売れやすい、

人気があるギターであることは

間違いないのですが、

 

これ以外のギターの出品についての

考え方を、考えてみたいと思います。

 

いわゆる定番のギターで、

たとえば、レスポールであれば、

ゴールドトップやチェリーサンバースト

といったギターは確かに人気があり、

売れやすいともいえます。

 

しかし、これ以外のギターが

ほとんど売れないかというと、

そんなことはありません。

 

ギターには色々なブランドがあり、

そのブランドごとに特徴がありますから、

 

カスタマーが好きなブランドのギターは

定番ギターでなくても、売れていきます。

 

ただ、何回かお伝えしていますように、

人気のある、売れやすいギター

というものは、たしかに存在します。

 

たとえば、それはシグネイチャーモデルで

あったり、特定のミュージシャンが

好んで使用するギターであったりします。

 

このようなギターは、あなたがギターを

販売する過程で、

このギターはすぐに売れるな・・・、と

気がつくと思います。

 

それは、watchingやpage viewが非常に

多く、ほかのギターとは異なる、

多くのカスタマーから好まれるギター

であったりするわけです。

 

このようなギターを見つけたら、

絶えず市場をwatchingして、

そのギターを見つけたら、

売れてしまう前に、仕入れるべきです。

 

こうすることで、さらに稼ぐことが

可能となります。

 

たとえば、変わった形のギターや

左きき用のギターは売れないかというと、

そういうわけでもないです。

 

ですが、どちらかというと、

定番のレスポールやストラトキャスター、

テレキャスターといったギターの方が

売れやすいというだけです。

 

もしも、あなたが定番ギターを

数多く出品して、

出品数に余裕があるのであれば、

左きき用のギターを出品すれば

よいと思います。

 

私のところからも、左利き用のギターは

何度も売れています。

 

また、見たことのないような

形の変わったギターや、

透明なアクリルボディーのギターも

売れたことがあります。

 

そのほかには、

ボディーの角がひどくとがったギターや

派手な模様が施されたギター

鮮やかなピンクやグリーン色のギターも

売れたことがあります。

 

このように、売れやすいギターがある

一方で、

 

少し特殊な、変わったギターも

売れるわけですから、

無在庫販売でギターを出品したときには、

 

page viewやwatchingの数を

よく観察しながら、

売れるギターを探すよいと思います。

 

何事も、絶対というものはなく、

可能性が高いというだけで、

 

あとは数をたくさんこなして、

売れやすいギターを

見つけていくと良いと思います。

 

ギター転売をやり続けるうちに、

このギターは、間違いなく売れる、

 

そんな確信のもてるギターに

きっと巡り会えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です