ギターを購入する時に 顧客が購入を迷うある理由とは?

今日は,

ギターを購入する時に

顧客が購入を迷うある理由とは?

についてお話します。

 

ギター転売で、

顧客が購入を躊躇する理由の1つに、

 

=====================

商品の一部、部品の欠品

=====================

 

があります。

 

たとえば、エンドピンが欠品している。

 

ヒールが剥がれていてない。

 

等の、欠品です。

 

通常、顧客はギターを購入してから、

何も手を加えずに、

すぐに弾ける商品を

購入したがります。

 

ところが、修理しないといけない、

部品を発注して、

取り寄せてからでないと使えない。

 

こんな商品は、

 

==============

まず、売れない

==============

 

と思って下さい。

 

ですから、私の場合、

基本的に、

 

========================

欠品がある商品は仕入れない

========================

 

と考えています。

 

しかし、たとえば、簡単な欠品

 

エンドピンやブリッジピンがない。

 

などは、自分で購入して、

取り付けてから販売しています。

 

マーティン社のエンドピンブリッジピンは

いくつかありますが、

価格が2000円位までですから、

修理ではなく、

 

============

取り替え

===========

 

程度なら、

 

自分でやったほうがいいです。

 

理由は、欠品している商品は

 

=====================

安価に仕入れができる

=====================

 

からです。

 

これなら、さらに利益増です。

 

 

あなたもやってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください