ギター転売で 最近直面している問題点

今日は、ギター転売で

最近直面している問題

について、お話しますね。

 

最近気になっている問題があります。

 

それは、高額ギターの

海外販売時の関税問題です。

 

関税2

 

これは、どの地域でも発生する内容なのですが、

ご存知のように、

商品を海外に発送するとき、

特に欧州では大きな関税が

かかります。

 

これを避けるために、

実はカスタマーからの

依頼がとても多いです。

 

価格を下げた数字をラベルに記載して欲しい。

 

贈り物として発送して欲しい。

 

などです。

 

しかし、現地国税関にて、この記載が問題になり、

ギターがなかなかカスタマーの手に渡らない

ことが多いです。

 

このため、カスタマーから、

下記のような依頼がありました。

 

私の方にreceiptを

別途送付してほしい。

 

税関への依頼書を書いて欲しい。

 

このような、

 

======================

無理な依頼

======================

 

が、とても多いです。

 

これって、私がカスタマーからの依頼を

受け入れてしまうことが問題だと

思います。

 

カスタマーのことを考慮して、

本来、賦課されるはずの関税を

逃れようとすることは、

セラーとしても問題です。

 

カスタマーに、

このやり方では、

結局、あなたが苦労すること。

 

さらに、このこと自体が、

問題であることを

きちんと伝えることだと

反省しました。

 

わたしが、心配しているのは、

このような展開になってくると、

 

============================================

ギターは海外から購入しない

============================================

 

ようになるのではないか、

ということです。

 

ですが、ギター転売自体の

カスタマーの注目度合いは、

非常に高く、

特定のカスタマーが購入しなくても

他のカスタマーが

購入するのではないか。

 

このように考えています。

 

すべての商品で

同じようなことが起こっている

はずです。

 

きちんとカスタマーに連絡して、

関税を逃れる施策は、

結局は

 

============================================

カスタマー自身が苦労する

============================================

 

ことになるという事実を,

きちんと伝えるべきだと

考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です