カスタマーは、どこを見てギターを選んでいるのか?

今日は、

カスタマーは、どこを見てギターを選んでいるのか?

について、お話しますね。

 

ギター転売で、なかなかギターが売れないと

悩んでいる方がおられます。

 

カスタマーは、何を基準に

ギターを選んでいるのでしょうか?

ピックガード

まず大切な部分は、

 

=========

価格

=========

 

です。

 

vintageギターには、価格はないですが、

 

=============================

およその相場観

=============================

 

はあります。

 

ここから、大きく外れていると、

売れないです。

 

ただし、以前からはお話していますように、

価格は低くつけてはダメです。

 

必ず価格交渉が有り、値引くからです。

 

ですから、最初は高くつけておいて、

 

交渉次第で値引く。

 

これでうまくいきます。

 

それ以外には、

 

そのギターが

 

=========================================

定番でオリジナルかどうか

=========================================

 

です。

D45_3

たとえば、

カスタム仕様、

特別に良い木材を使用している、

 

等の、いわゆる

 

============================

付加的なお得感

============================

 

については、

 

=================================

ほとんど意味がない

=================================

 

です。

 

よくわかっていないカスタマーは、

Vネック、AJネック、と言った情報でさえも

敬遠します。

 

これはネックの特徴を示しているのに、

オリジナルではないと言ってきたりします。

 

このように、基本を抑え、

セラーとしての信用があれば、

ギター転売は成功します。

 

問い合わせがふえてくれば、

注目度も上がっています。

 

欲しい人がたくさんいるので、

もう少しで売れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です