ギター転売では、ギターは在庫しないといけないのか

今日は、
ギターは在庫しないといけないのか
について、お話しますね。

ギター転売の場合、
ギター自体の価格が高額なので、
在庫することは、結構

=======
負担
=======

となります。

私の場合、国内転売と、
eBay輸出の両方をやっています。

国内転売は、
F2Fでカスタマーにお会いして、
ギターをオススメする形になります。

==========================
国内転売では、在庫は必須
==========================

になります。

日本で仕入れて、日本で販売する。

お会いする時間をお約束して、
屋外フェスですと、現地に持参して、
ギターを見ていただいています。

だから、在庫していないと、
販売できないのです。

一方で、

====================================
eBay輸出の場合は、基本的に無在庫
====================================

です。

私の場合は、

============
在庫も併用
============

しています。
高額ギターの場合は、
300万円位の在庫のある時期もあります。

(初心者の方には必要ないですから、ご心配なく)

仕入れは、実店舗仕入れ、
ネットショップ仕入れ、
になります。

無在庫ですから、
問い合わせの返事には
時間がかかります。

そして、配送の準備ですね。

こんな感じでやっています。

ですから、

==========================
在庫はケースバイケース
==========================

最初は、

===========
無在庫
===========

から、始めて下さい。

十分儲かります。

高額商品のですから、

儲かる額も、

=========
高額
=========

ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください