無在庫販売で、注文の入ったギターが在庫切れだった時には、どうするのか?

今日は、

無在庫のギター転売で

注文の入った商品がなかった時には、

どうするのか?

について、お話しますね。

 

ギター転売では、

ギター自体が高額ですから、

無在庫販売されている方が、

多いと思います。

 

私は、有在庫販売と無在庫販売の

両方をやっています。

 

無在庫販売は、基本的には、

国内のネットショップから

商品を引っ張ってきて、

eBayに出品して稼ぐやり方です。

 

時々、eBayで発注が入った商品が

ネットショップに無いことがあります。

 

ネットショップの怠慢なのですが、

そんなことは言っていられません。

 

このようなときには、カスタマーに

キャンセルの連絡をしないといけません。

 

この時の注意点ですが、

 

=============================================

出来るだけ、早く連絡する

=============================================

 

これが、最も大切です。

 

遅くなればなるほど、状況は悪化します。

 

気をつけてください。

 

そして、カスタマーに、

 

=================================================

カスタマーが恐縮するくらい

徹底的に謝ってください

=================================================

 

とにかく、謝ることです。

 

相手も人間ですから、何度も謝られたら、

悪い気はしないようです。

 

そして、さらに、

 

============================================

カスタマーの

有利になるような情報を

追記する

============================================

 

たとえば、

同じ価格帯のギターで、

売れ筋の商品を紹介する。

 

希望のブランドを聞いて、

商品リストを送る。

 

などです。

 

これって、信頼関係を崩さない

ようにするには、

大切なことです。

 

この時に紹介した商品を、

購入してくれた人は、

今のところいないです。

 

しかし、リストをもらって、

嫌な気分になるカスタマーは

あまりいないと思います。

 

重要なポイントは、

 

================================================

信頼関係を構築すること

================================================

 

なのです。

 

アカウントの保全、

今後の販売戦略。

 

色々な観点から考えても、

カスタマーから

信頼を得られていることは、

非常に大きいです。

 

====================================================

自分が信頼されなければ、

ギターは売れない

====================================================

 

このスタンスで、考えて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です