仕入れギターの正しい見分け方は?~仕入れてはいけないギターがある~

今日は、仕入れギターの正しい見分け方、

について、お話しますね。

 

ギター転売では、ギターの仕入れが必要です。

 

無在庫販売の場合は、

実店舗のネットショップから

ギターを入手することになりますね。

 

この場合は、実際の店舗が

ギターのメンテンスから、管理まで、

きちんとやってくれていますから、

それほど心配はありません。

 

ところが、有在庫の場合は、

自分の確かな目で、

ギターを仕入れる事になります。

 

ここで、経験が物を言います

 

まず、

 

===============================================================

修理が必要なギターは仕入れない

===============================================================

 

これが、基本です。

 

ネックの状態や、

クラックの有無など、

仕入れてはいけないギターがありますので、

注意が必要です。

 

さらに、

状態が良いと思っても、

 

=======================================================

欠品があるギターは仕入れない

=======================================================

 

ことです。

 

エンドピンがないギターはよくあります。

 

エンドピンやストラップピンならば、

欠品していても、購入して、

つければ何とかなります。

 

ブリッジピンとエンドピンのセットは、

マーティン社だと、1,000円位からです。

 

ここで気をつけたいのは、

ピックアップがつけられていて、

エンドピンの穴が広げられているギター

です。

 

これは、ピックアップが外されていれば、

出来れば仕入れない方がいいです。

 

あとから、ストラップピンをつける事が

出来ないですからね。

 

あと、アジャスタロッド部分の

回転余裕がないギターも

仕入れない方が良いです。

 

とくに、ネックが順ぞりになっていて、

アジャスタロッドが回らないギターは仕入れてはいけません。

 

購入時に、ここのところは、たいてい質問されますから、

気をつけてください。

 

最初は、よくわからないことが多いですが、

やっていくうちに、知識がついてきます。

 

ギター転売は難しくないですから、

大丈夫ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です