ギター転売でカスタマーにきちんと説明する 最適な方法とは?

 

今日は、

カスタマーにきちんと説明する、

最適な方法は?

について、お話しますね。

 

ギター転売では、

ご存知のように、ギター自体が、

高額です。

 

そのため、ギターの状態、価格、

取引の方法は、かならず、

 

===========================================================

文字に落としてしっかり取り決めする

===========================================================

 

ことが、非常に大切です。

 

特に、価格やギター自体の状態を

後になってから、変更すると、

 

大きく信頼を失います。

 

これは当然の事ですが、

適当にしていて、あとから

もめないように、注意が必要です。

 

口約束では絶対にダメで、

メールでも良いから、

 

=====================

書面に残す

=====================

 

ことが大切です。

 

そうすれば、後からもめることが、

ないからです。

 

ギター転売では、

 

===============================

信用が最も大切

===============================

 

ですからね。

 

自分がギターの状態が

あまりよくないと思ったら、

正直に、

 

「程度は標準的です。」

 

みたいに、きちんと書面で、

伝えるべきです。

 

価格が高いので購入できない、

と言われたら、

 

「これより安い価格で

購入できるところはありません。」

 

と、きっぱりと伝えることです。

 

怖がって、言われるがままに、

価格は絶対に下げないでくださいね。

 

一度価格を下げると、

もっと下がると思って、

どんどんエスカレートしてきます。

 

これだと、利益は出ませんので、

注意して下さいね。

 

カスタマーを大切にして、

よりよいギターをお届けする。

 

これが私の信条です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です