えっ?ギターが売れない? どうしたらいいのか??

 

今日は、えっ?ギターが売れない?

どうしたらいい?

について、お話しますね。

 

ギター転売をやっていて、

ギターがどうしても売れないと

言われる方がおられます。

 

どうすれば良いのでしょうか?

 

おかしいですね。

 

私はどんどん売れていますからね。

 

どこかに、つまずいている点が

あるはずです。

 

まず、

 

===========

写真

===========

 

綺麗に撮れていますか?

 

全体像から、拡大写真まで

示していますか?

 

押さえるべき点の写真は

載せていますか?

 

たとえば、

=====================================================

ネックの状態

ピックガードやボディあたりの傷

ブリッジの剥がれや割れ

エンドピンのあたりの写真

=====================================================

 

などですね。

 

次に

 

===============

説明文

===============

 

ギターの状態を的確に説明

できていますか?

 

読んだ相手が買いたくなる

文言が含まれていますか?

 

=========================================================

年式

ネックの状態(指板からの距離)

シリアルナンバー

改造の有無、

欠品がないか

=========================================================

 

などです。

 

説明では・・・

 

=================================================

購入当時のパンフレット

レシートがついています

 

この年代にしては、

とても綺麗です

 

仕様変更されたばかりで、

木の材質がとてもいいです

 

信じられないくらい

音が大きいです

 

指が自然に動くほど

弾きやすいです

=================================================

 

こんな感じで、書いていますか?

 

さらに、

 

=============

価格

=============

 

うまく、価格設定出来ていますか?

 

=================================================

相場よりかなり高くないか

 

オークション形式なのに

最初から高くないか

 

お得感が出るような

価格がつけられているか

($1990、198,000円など)

=================================================

 

これらを検証してください。

 

ていねいに説明し、

画像もたくさん。

 

映像があればさらに良いですね。

 

それでも、問い合わせがなく、

売れないならば、

 

===================================

定番ギターかどうか

===================================

 

調べてみてください。

 

==================================

人気商品を販売する

==================================

 

これが鉄則ですので、お忘れなく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です